Dow Water & Process SolutionsのFILMTEC膜、オーストラリアの海水淡水化プラントに採用

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,476件(2018年12月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

  • 440平方フィートのFILMTEC膜で年間500億リットルの飲用水を生産。
  • エネルギー効率と価格面で優位に立つFILMTEC膜技術により、DW&PSは150万住民に飲料水を供給するパートナーに選ばれた。

Dow Chemical Companyの水ビジネス部門であるDow Water & Process Solutions (DW&PSは2009年11月6日、同社のFILMTEC逆浸透(RO)膜エレメントが、オーストラリアのパースの南で建設がはじまったサザン海水淡水化プラント(SSDP:Southern Seawater Desalination Plantで採用されたことを明らかにした。SSDPは、海水およびかん水を淡水化するダブル・パスROシステムに、SWRO 440シリーズDOW FILMTEC膜エレメントを使用し、年間500億リットルの飲用水を生産する。この淡水化プラントは、年間1000億リットルまでの拡張が可能である。

SSDPはウエスタンオーストラリア州で建設される2番目の大規模海水淡水化プラントである。この州では、貯水量が30年前と比べてわずか4分の1にまで減少している。2031年までには、パースはその人口増に合わせて現在よりも水需要が年間1500億リットル増加すると見られている。

SSDPによるFILMTEC膜採用について、Dow Water & Process SolutionsのKai-Uwe Hoehn大規模プロジェクト担当シニア・アカウント・マネージャーはこう述べている。「サザン海水淡水化プラントは440平方フィートのDOW FILMTEC膜エレメントを使うことになった。このプロジェクトはまた、最新の設計方式――内部多段階化設計と透過・分離――を組み合わせることで、淡水化技術の性能を最大限に引き出すことに成功している」

現在は、パース南のコックバーン・サウンドの沖合にあるパース海水淡水化プラントが、パースの水需要の17%をまかなっている。2011年にサザン海水淡水化プラントが完成すると、ウエスタンオーストラリア州の水供給の30%以上が、天候に左右されない淡水化などの水源から得られることになる。

SSDPの建設はすでに2009年7月にはじまっており、完成後は、周到な海洋モニタリング・プログラムによってプラントの排水を分析し、海洋環境の健全性の確保に努めることになっている。

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「, 」の記事:

2018年11月8日
液体を使って液体を濾過する技術――ハーバード大が開発
2018年11月5日
スタティック・ミキサーの大手Statiflo、南米に進出
2018年10月26日
台湾環境保護署、「放流水標準」の一部改正を予告――海水淡水化プラントや蒸気供給業者による放流水質に関する項目や制限値を追加
2018年10月18日
英Modern Water、アフリカへの自社技術の販売に向けてWEC Projectsとパートナー締結
2018年9月27日
チリ、太陽光エネルギーを利用するラ米最大規模の淡水化プラントプロジェクトを承認