Modern Water、インドにおける廃水処理のブライン濃縮でAdvent Envirocareと共同商業化契約を締結――ZLD市場の拡大を見越した動き

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,363件(2018年7月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

浄水、廃水処理、水質モニタリングの先進技術で知られるイギリスのModern Water社(本社:ギルフォード)は2016年3月21日、同社独自のオール・メンブレイン・ブライン濃縮(AMBC)技術の共同開発・商業化契約をインドのAdvent Envirocare Technology社(本社:アフマダーバード)と結んだことを明らかにした。両社は、この技術をインド全土の廃水処理プラントに売り込みたいと考えている

運転コストを大幅に削減

廃水処理から出る廃棄物の最小化への注目度が増し、水リサイクルがより多くおこなわれるようになり、廃液排出ゼロ(ZLD)の必要性が高まるにつれて、業種によっては、ブライン濃縮の需要がかつてないほど大きくなってきている。従来のブライン濃縮では、まず逆浸透、つぎにブラインの熱濃縮、最後に熱によるブライン結晶化という順序でZLDを達成することもある。だが、Modern Water社のブライン濃縮技術では、設備投資額のほかに、とりわけ運転コストを大きく削減することができる

パイロット・プラントで実証テスト

製品提供の事業予測が満足すべきものであることをうけて、両社は現在、インドで稼働している廃水処理施設に共同出資によるパイロット・プラントを設置しているところで、このプラントを使ったテストが2016末には完了する予定である。テストの第1段階では、Modern Water社の技術の経済面とプロセス面での利点、特に、従来のプロセスと比べて低い運転コストで廃水の量を大幅に削減して次のブライン結晶化につなげられることを実証する

今回の共同商業化契約締結について、Modern Water社のSimon Humphrey CEOはこう述べている。「重要なインド市場においてAdvent Envirocare社と提携できることはまことによろこばしく、廃水処理のコストを大幅に削減しつつZLDを達成することにより、定量化可能な利益を顧客にもたらすことができると確信している。また、これによって、産業廃水の環境への排出を最小化するこれまでになく経済的で実際的な道がひらける。このプロジェクトは、Modern Waterのアプローチの利点をはっきりと実証し、われわれのブライン濃縮技術を世界中にひろめるための第一歩となるだろう」

また、Advent Envirocare Technology社のSoham Mehta社長はこう述べている。「Advent EnvirocareとModern Waterは互いにパートナーとして、最新の技術を使って顧客に利益をもたらし、ZLDプロセスの経済性と効率を革新的に向上させていく。Advent Envirocareがインドで最大級のZLDプロジェクトのいくつかを手掛けているこの時期に、水を大量に使用する産業におけるZLDの実施をうながす法制度の整備が進められており、まさに両社のパートナーシップの成功のための舞台が整った観がある

EnviXコメント

Advent Envirocare Technology社のSoham Mehta社長のコメントにもあるように、インドでは製造業におけるZLDの規制化が着々と進められている。例えば、繊維産業を対象とした排水基準の強化案では、「1日当たりの排水量が2万5000リットルを超える繊維工場”に対して、廃液排出ゼロ(ZLD)技術の採用を義務付ける」という規定を打ち出している*1。これはまだ案の段階ではあるものの、もし強制化された場合、国内の繊維工場に大きな投資が求められるため、業界から懸念する声が上がっている。このほか、以下の排水基準案についてもZLDの義務化が検討されている;

水不足が深刻なインドでは、ZLDの導入は避けられない状況である。今回のModern Water社とAdvent Envirocare Technology社による共同開発契約は、インドのZLD市場拡大を見越したものであり、その成否が注目される。

*1 EWBJ57号に関連記事有り「インド、繊維業を対象とした排水基準強化案に対して繊維省が反発――ZLD技術の導入義務化をめぐり対立

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「, 」の記事:

2018年6月11日
Aquafortus社、米国PetroH2O Recovery社へのZLD技術供与に関する排他的契約を締結―-契約金額は3年で4000万ドル
2018年6月5日
Gradiant、産業廃水処理において中国市場でのプレゼンス強化を発表――ZLD市場に注目
2018年5月17日
Siemens、スペインAcciona Agua社を水事業のEPCパートナーとして認証
2018年4月24日
Darcoの系列企業、Aquaporinの正浸透システムをシンガポールとマレーシアで独占販売
2018年4月9日
Gradiant Corporation、ZLDへの需要拡大を受けてインドに子会社を設立