RWL Water、Emefcyとの戦略的提携を発表

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,363件(2018年7月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

米ニューヨーク市に拠点を構える水処理ベンダRWL Waterは2017年4月下旬、オーストラリアに本拠を構えるEmefcy Group Limited(以下、Emefcy)との戦略的提携を発表した。両社は提携を通じて、水処理分野で成長が著しい中国市場におけるプレゼンスの強化を図る。特に辺境地域において水質改善が喫緊な最優先課題である中国は、水処理装置や関連サービスの販売による大幅な収益機会が見込める市場であると、業界では捉えられている。

2010年にRonald S. Lauder氏によってニューヨーク市に設立されたRWL Waterは、世界で最も急成長を遂げている水処理ベンダの1社である。世界70か国強の7000カ所以上に水処理装置を設計、導入した実績を有するほか、強固な顧客基盤を有する。同社は最近、グローバル・ウォーター・インテリジェンス(GWI:Global Water Intelligence)が開催する「Global Water Summit 2017」において、「Water Company of the Year」の「2017 Global Water Award」の受賞対象企業として選出された。

今回の戦略的提携を通じて、Emefcyは、中国市場をターゲットとしたパッケージ化プラントソリューションを設計、製造するにあたり、RWL Waterの専門性を活用、協力を得る。RWL Waterは、特別仕様の運搬用コンテナに統合した水処理システムを設計、製造、設置する専門性を長年培ってきた。Emefcyは、搬送が容易でありプラグ・アンド・プレイ方式で現場への設置が簡単なパッケージ化プラントソリューションを開発、自社が提携する販売パートナーへ提供する予定である。同ソリューションは、中国の遠隔地域にて必要とされる下水処理のニーズに柔軟に対応することができ、巨大な中国市場での市場占有率を更に拡大する機会となる。Emefcyは既に、中国の異なる地域をサービスエリアとするCGGC、Wuxi、Jinzi、Sinorichenといった水サービス事業者4社と、販売パートナーを締結している。

Emefcyが製造するパッケージ化プラントソリューションは、同社が有する特許技術MABR(Membrane Aerated Biofilm Reactor)[1]を活用した下水処理モジュールが採用される。同モジュールは、開発途上国において中規模施設を対象とした下水処理に最適である。従来のエアレーションを基盤とした処理技術と比較して、モジュールタイプのEmefcyシステムは、バイオプロセスを活用した他の下水処理と比較してエネルギー使用量を80%削減するほか、設置に必要となるスペースの制約と初期投資コストの低減をもたらす。同ソリューションの参照モデルは既に、中国、イスラエル、エチオピア、米領バージン諸島にて運用開始、または導入の契約が締結されている。また、中国の製造施設は、2017年下半期に商業稼働を目指している。

RWL Waterは現時点で、中国市場での強固なプレゼンスを有していない。そのため、Emefcyとの提携を通じて、RWL Waterが提供するコンテナに梱包された海水淡水化装置「Nirobox」を始めとする多様な水処理製品を中国市場で販売促進するために、Emefcyが同市場で有する販売網や詳細な市場知識を活用する。両者の戦略的締結を通じて、Emefcyは、中国市場をターゲットとしたパッケージ化プラントソリューションの設計に向けたエンジニアリングサービスと、EmefcyのMABR技術を補完するRWL Waterのエンジニアリング・製品サービスとの対価を、RWL Waterへ支払う。また、互いの製品を販売した場合には、そのコミッション(手数料)を双方の企業が受け取る。

EnviXコメント
上記のニュースは2017年4月末のものだが、その後両社は合併を予定していることを2017年5月5日に発表した。新しい社名は“Fluence”となる予定である。

EmefcyとRWLの2016年の売上の合計は約6200万米ドルで、2017年は9000万米ドルを見込んでいるという。企業の規模としては大きくはないが、互いの弱点を補うための相補的な関係となる合併を通じて、今後は更なる拡大が予想される。RWLはこれまでに世界で70を超える国で、各種水処理ソリューションの設計、建設などの実績を有し、一方のEmefcyは廃水処理システムの運営コストの削減につながる最新技術を開発してきた。

今後は特に中国の農村部での下水処理市場への攻勢を仕掛ける目論みであるようだが、同マーケットは拡大を続けており、2025年には1300億元になると見込まれている(下図)。


図 桑徳社による農村下水処理市場の予測(単位:億元)

[1] http://www.emefcy.com/files/files/emefcy%20brochure%202016-1.pdf#new_tab

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「, , 」の記事:

2018年6月20日
Evoqua、汚染水オンサイト処理のProAct Servicesを買収
2018年6月11日
インド・グジャラート州、廃水再利用に関する政策を発表――2030年までに100%再利用を目指す
2018年6月11日
Aquafortus社、米国PetroH2O Recovery社へのZLD技術供与に関する排他的契約を締結―-契約金額は3年で4000万ドル
2018年5月28日
欧州委員会、灌漑向け水再利用規則を提案
2018年5月17日
Siemens、スペインAcciona Agua社を水事業のEPCパートナーとして認証