米ライス大の研究チーム、水圧破砕流体の再利用を可能にする超親水膜を開発

記事を閲覧するには「水ビジネス・ジャーナル」ご契約後に発行されるアカウント(有料)が必要です。
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» サンプル記事一覧
» 個別委託調査

ご契約中のお客さまでログインID・パスワードをお忘れの場合は、お電話またはWEBフォームにてご連絡ください。アカウントを再発行します。
» お問い合わせ

既存ユーザのログイン
   

タグ「, 」の記事:

2018年4月27日
富士フイルムなどが進めるREvivED waterプロジェクト、スペインおよびソマリランドにおいて電気透析による淡水化の実証試験を開始
2018年3月9日
米のスタートアップ企業、CNT膜の量産に成功――淡水化やカーボンニュートラル燃料など、多様な用途
2018年2月9日
水圧破砕廃水からリチウムを取り出す新技術――テキサス大などの研究チームが開発
2018年1月8日
Aquaporin社、膜タンパク質の大量生産を実現したGolgi社を買収
2018年1月8日
Microdyn-Nadir、大手膜メーカーOltremareを買収