マレーシアTop Glove社、水不足による生産ライン停止の対策として自社で水供給インフラを構築

記事を閲覧するには「水ビジネス・ジャーナル」ご契約後に発行されるアカウント(有料)が必要です。
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» サンプル記事一覧
» 個別委託調査

ご契約中のお客さまでログインID・パスワードをお忘れの場合は、お電話またはWEBフォームにてご連絡ください。アカウントを再発行します。
» お問い合わせ

既存ユーザのログイン
   

タグ「, 」の記事:

2018年5月7日
マレーシア、2020年までに上水道普及率99%を目指す
2018年4月27日
富士フイルムなどが進めるREvivED waterプロジェクト、スペインおよびソマリランドにおいて電気透析による淡水化の実証試験を開始
2018年4月11日
Cabot Corporation、ニューヨーク州政府から水道水中のPFOA除去用の活性炭サプライヤとして選定
2018年3月26日
ラ米開発銀行CAF、中南米26都市の水インフラを調査―-飲料水の漏水が40~60%にのぼる
2018年2月6日
Aqualia社、パナマ上下水庁の近代化のコンサルティングを6200万米ドルで受注