独のMANN+HUMMEL、濾過技術のSeccua Holding AGの株式を取得

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,720件(2019年12月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

ドイツのMANN+HUMMEL(本社:バーデン=ヴュルテンベルク州ルートヴィヒスブルク)は、2015年のMICRODYN-NADIR買収[1]以来、浄水、廃水処理、およびプロセス用水処理のための濾過に的を絞った膜ビジネスを展開してきた。同社はこのほど、同じくドイツの濾過技術企業Seccua Holding AG(本社:バイエルン州シュタインガーデン)の株式を取得して株主となり、ポートフォリオを飲料水濾過にまでひろげることとなった。この飲料水濾過では、建物や施設の配管に水が入るところ(ポイント・オヴ・エントリー)での濾過と、水の使用直前での蛇口単位(ポイント・オヴ・ユース)の濾過との両方に重点が置かれる。

MANN+HUMMELは、濾過ソリューションで世界をリードする同族経営の専門企業で、自動車、産業施設、室内外の空気浄化、水の持続可能な利用といった分野における革新的なソリューションを開発している。いっぽう、Seccuaは2005年の創立で、限外濾過(UF)システムを用いた浄水のイノベーションと技術に関して世界のトップ・クラスに位置し、飲料水サプライヤー、公共施設、および一般家庭の信頼を勝ち得ている。Seccuaは、照射や薬品の使用なしに飲料水から病原体、混濁物、残留薬物、および石灰分を取り除くための革新的なソリューションを開発、製造、および販売している。

アメリカの市場調査会社Grandview Researchは、世界の民間部門における水処理市場の規模は2025年には300億ユーロ(約3兆5000億円)に達する可能性があると予測しているが、そのうち、濾過はおよそ4分の1を占めている。MANN+HUMMELグループのWerner Lieberherr社長兼CEOはこう述べている。「水処理はいま、ますます重要なテーマになりつつある。MANN+HUMMELは、きれいで健康的な飲料水のための革新的なソリューションを提供しており、それゆえに、他社と協力して切り拓く未来に期待しているし、また、わが社の技術面でのリーダーシップに加えて、飲料水市場における市場リーダーシップを近い将来に確立するための完璧な前提条件が整ったと確信している」

EnviXコメント

MANN+HUMMELはもともとフィルター・ソリューションを提供する会社で、特に自動車セクターを中心とした事業を行っていた。しかし、経営の多角化を図るなか、2009年にシンガポールに水事業部門を立ち上げて以降、水ビジネス市場に積極的に進出してきた。特に同社は企業買収を行うことで、水処理技術のポートフォリオと展開地域の拡大を図っている(下表)。

2010 シンガポールの膜メーカーUltra-Flo(当時は従業員60名、売上1000万ユーロ)の買収
2012 ブラジルのFluid Brazilを買収
2014 ドイツの膜メーカーMICRODYN-NADIRを買収
2016 米国の膜メーカーTriSepを買収(MICRODYN-NADIRによる買収)
2018 イタリアの膜メーカーOltremareを買収(MICRODYN-NADIRによる買収)
2019 ドイツの水処理フィルター企業Seccuaを買収

MANN+HUMMELは従来は5つの事業部門だったが、近年では大きく2つの事業部門“Transportation”と“Life Science & Environment”という体制となっている。水事業は後者の“Life Science & Environment”に含まれる形となっており、欧州で話題になっている下水中のマイクロ・プラスチックや微量汚染物質の対策としてフィルター・膜技術の需要が今後も拡大すると見込んでいる。なお、2018年のMANN+HUMMEL全体の売上は39億5500万ユーロである。


図 MANN+HUMMELの事業内容
(出典:MANN+HUMMEL Annual Report 2018)

[1] EWBJ50号に関連記事あり「独フィルター大手MANN+HUMMEL、地理的勢力の拡大を図り、独MICRODYN-NADIR社の株式を50%取得

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「, 」の記事:

2019年11月4日
Koch Membrane Systems、Eco-Tech買収でイオン交換ソリューションを拡充
2019年10月17日
豪州水ベンダDe.mem、ドイツ産業排水処理ベンダGeutecを買収へ
2019年10月8日
Evoqua、Frontier Water株の過半数を取得
2019年10月7日
Suez、Inflowmatixに資本参加で水道網管理のデジタル・ソリューションを強化
2019年10月3日
DuPont、Evoquaの膜事業を買収