カテゴリー「研究開発動向

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。


  • ニューヨーク州立大学、水中の汚染物質を生分解性化合物へと分解する「ナノグリッド」を開発――原油流出事故の対応やシェールガス採掘の廃水処理に期待

  • 米国パデュー大学、日光を利用して安全な飲用水を生産する殺菌システムを開発――スケールアップが今後の課題

  • SUTD、MITなどの国際研究者チーム、プラズマ処理カーボンナノチューブを利用した優れた塩分除去機能を有する浄水器用ろ過膜を開発

  • 米独の研究チーム、大量のエネルギー消費も膜も必要としない海水淡水化法を発表
  • ,
    オーストラリアの大学、淡水化プラントの膜ファウリングを事前検知する光ファイバー・センサーを開発

  • 米国スタンフォード大、合成材料のコアを持つナノスカベンジャーを開発――浄水性能の向上に成功

  • フィンランドでナノ多孔膜の新製法を開発――大幅なコストダウンを達成

  • サウジの大学、MITと共同で石油・ガス井の水処理用新システムを開発――途上国での淡水化にも応用可

  • 米国LLNL、コンデンサ式海水淡水化法の大幅な効率改善を達成――逆浸透法や蒸発法をしのぐと期待される
  • ,
    薄片状の酸化グラフェンが放射性物質を吸着――水圧破砕やレアアース採掘にも応用可

  • グラフェン・ベースのナノコンポジットで水中の汚染物質を吸着
  • ,
    チタン製よりも安価なポリマー製伝熱管の開発――海水淡水化設備への利用が期待される
  • ,
    ナノファイバーを用いた膜蒸留による海水淡水化技術――シンガポールの大学が開発

  • 米ペンシルベニア州立大、廃水を燃料として廃水を浄化する無限システムの原理を開発

  • 米国の研究開発企業が磁気を利用して海水の淡水化や土壌の塩抜きができる技術の特許を取得へ

  • 米韓の大学が正浸透法で逆塩分拡散がファウリングに大きく影響することを確認

  • ウィーン大学の研究チームがカーボンナノチューブの受動的サンプリング法を開発

  • マサチューセッツ工科大学の研究者たちが膜を使用しない淡水化法を開発

  • 南アフリカの研究者、水を浄化できるティーバッグを開発

  • 米スタンフォード大学の研究チーム、廉価で高速処理が可能な水フィルタを開発

  • 廃水処理で電気を取り出す技術が実用化に向けて一歩前進
  • ,
    水道の耐震化には、ダクタイル鋳鉄の管と継手を使用するのが最も効果的
  • , ,
    米Oasys Water社、Yale大学で開発された正浸透膜(FO膜)を商品化――進化する低コスト淡水化技術

  • ウィスコンシン大He助教授のバイオ・システム、廃水処理、エネルギー生産と同時に淡水化も

  • MITと韓国の研究者が地震被災地などで使用できる小型の浄水システムを開発

本ページは、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」で配信中の記事の一覧です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査