速報配信記事(新着情報)

水ビジネス・ジャーナルの速報として配信した記事(2014年7月以降)を一覧で表示しています。

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。


  • De.mem、オーストラリア企業Akwa-Worxを買収

  • 東欧の上水道インフラ、大きな投資が必要――2020年までに60億ユーロが必要に
  • , ,
    ペルーの住宅・建設・上下水省副大臣、韓国企業向けに上下水インフラプロジェクトを紹介

  • 世界の水道水の83%がプラスチック繊維で汚染

  • 韓国国土交通部、スマートインフラや淡水化分野において中東市場の開拓に力を入れる方針
  • , ,
    ペンシルベニア州立大学などの国際チーム、淡水化用グラフェン・コーティング膜を開発――最終目標はスマート膜

  • 韓国Daewoo E&C、水道分野での技術協力についてタイ首都圏水道公社と覚書を締結

  • 合成ナノチューブに自然のアクアポリンをしのぐ浄水能力

  • エジプト、5県に淡水化プラント16基建設へ――合計で日量47万3000立方メートルの造水能力

  • 米でPFOAの代替物質GenXが河川を汚染

  • フィリピン、水不足対策として雨水の収集を推進へ

  • Evoqua、あいつぐ企業買収で技術力強化

  • Kemira、フィンランドのスタートアップAqsens社より液体分析技術を買収

  • ドイツ官民産業界連合、河川水域への微量物質を大幅削減する戦略を議会に勧告

  • Arvind Envisol社、エチオピアの工業団地へのZLD技術の導入に向けて同国政府と提携
  • ,
    ベトナムの水処理ニーズに韓国企業が意欲

  • ベトナムの下水処理、民間の投資が必要
  • ,
    PVCPA、米国上下水道配管の環境影響・コストを分析

  • ベトナム・ハノイ市、2020年までに水道普及率100%を目標に

  • インドの石炭火力、下水の使用は渇水の根本対策にならず――グリーンピース・インドの報告書

  • 米27州の水道水、有機フッ素化合物で汚染

  • 飲用水からPFOAを除去する新材料の開発

  • 中国、約半数の省が十二五期間での水質改善目標を達成できず
  • ,
    ヨーロッパの水道事業者ら、硝酸肥料使用制限の厳格化などを要求

  • マレーシア、大型下水処理施設を開設――水資源保護のために産業廃水の責任ある処理を要求
  • ,
    Coldharbour、バラスト水処理システムの提供に向けてSembcorp Marineと契約締結

  • Ranhill社、東南アジア地域での水事業拡大を目論む
  • ,
    オマーン、RO膜を使った淡水化の拡大を予測

  • 中国上海市、「第13次5カ年計画」期間の水資源消費総量と消費強度の規制を強化――地下水採取量は年間500万m3以下へ
  • ,
    Evoqua、Noble Water Technologiesを買収

  • マレーシア政府、再生水処理施設の新設計画を発表
  • ,
    中国四川省、都市部下水処理の発展を目指す3か年計画を発表

  • Modern Water、中国企業にFO技術ライセンスを販売

  • Grundfos、米消費者と水道事業者との間で水問題に対する認識に大きな隔たりがあると発表

  • Evoqua、バラスト水処理システム生産施設の拡張を進める

  • ベトナム、多くの医療機関で廃水基準は守られていない
  • , , ,
    中国葛洲覇集団(CGGC)、ブラジルの水道ユーティリティの買収を皮切りに同国への本格進出を計画

  • 2017年5月 メキシコ水技術庁、水資源の現状と将来の見通しを分析する「メキシコのウォーター・フットプリント」を発表

  • Manila Water、無収水削減プロジェクトによりミャンマーにおける事業拡大を狙う
  • ,
    米国の水インフラ産業への投資、雇用と経済効果を創出
  • ,
    Nijhuis Industries、中国市場の拡大に向けてShanghai Winnerと提携