第35号(2010年7月発行)

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」35号(2010年7月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

巻頭トピック

  • 水と基本的人権、そして民間参画――社会の潮流は“脱”民営化へ?
  • アルジェリアの海水淡水化市場、順調な伸び――ILF Consulting Engineersが大きく関与
  • 野村証券が海水淡水化市場の中東・北アフリカ地域への集中を予想
  • 注目の汚泥処理市場――汚泥からの資源回収ビジネス市場は、2020年には450億ドルに
  • 2010年11月にアクア・ウクライナ2010が開催――前年には、中韓の企業も参加

注目の研究開発

  • 米Oasys Water社、Yale大学で開発された正浸透膜(FO膜)を商品化――進化する低コスト淡水化技術
  • UCLA研究チーム、目詰まりを起こさないRO膜の表面構造を開発
  • MITと韓国の研究者が地震被災地などで使用できる小型の浄水システムを開発
  • ウィスコンシン大He助教授のバイオ・システム、廃水処理、エネルギー生産と同時に淡水化も

主要プレーヤーの動向

Veolia

  • カタール政府系投資機関、Veolia Environnementに5%出資――中東・北アフリカ地域の市場を視野に
  • Veoliaが中心のコンソーシアムAquiris、ブリュッセルで大トラブル
  • Veolia Water UK、水道料金を改定

Suez

  • Suez EnvironmentのSociedad General de Aguas de Barcelona買収をEUが承認
  • SAFEGE社(SUEZ ENVIRONNEMENT)、ポーランドの環境エンジニアリング会社を買収――同国でのプレゼンスの強化

GE

  • ConocoPhillipsとGEが共同でカタールに水持続可能性センターを設立

Siemens

  • Siemens、水ビジネスでもブルネイへの進出を窺う
  • SiemensのSiCUREバラスト水処理システム、国際海事機関の基本承認を取得

注目企業の戦略動向

  • ITT社が中国小型都市の汚水処理ビジネスチャンスに注目
  • カナダのウィニペグ市、ITTから北米最大の気泡浮上分離式水処理システムを導入
  • IBM、サウジアラビアの研究機関と共同で淡水化プラントを建設
  • 米国の浄水技術大手のAquatechがオランダに子会社を設けて欧州・アフリカ市場へ
  • Dow Waterが家庭の浄水システム用のRO膜の製品ラインナップを一新
  • Nalco、Res-KemとGeneral Waterを買収して前処理用装置部門を強化
  • SouthWest Waterを機関投資家らのパートナーシップが買収
  • Watts Water Technologies、雨水収集設備大手Blue Ridge Atlantic Enterprisesの買収を完了
  • スイスのVon Roll、水市場に進出
  • 仏Schneider Electric、オーストラリアのSCADAgroupを買収
  • 英テムズ・ウォーター、同国初の大規模な塩水淡水化プラントを運転開始
  • Cascal社買収へ動くSembcorp社――Cascal社は買収提案を拒否
  • Pentair Residential Filtration、中国の生産活動を拡大――逆浸透濾過の需要増に対応

地域別の市場・政策・規制動向

国際

  • 世界の水問題の専門家、世界中で水の価格を引き上げるよう求む
  • 国連環境計画と国連人間居住計画、水資源の汚染によってもたらされている世界的な脅威について説明した報告書を発表
  • 水資源管理のための欧州-地中海諸国閣僚級会合、合意文書の採択に至らず

欧州

  • EU、フランスの上下水道会社を抜き打ち捜査――SuezやVeoliaも対象か
  • 欧州委員会、加盟国の水不足対策に関する報告書を発表――中央ヨーロッパ諸国でも水不足が問題に
  • EU26カ国が計158の地下水汚染物質について基準を策定――欧州委員会の報告書
  • 英国における水使用が世界の水危機を悪化させている――ウォーター・フットプリント表示の必要性を示唆
  • フランスの水セクターで複数の新たな動き――ただし市場主導企業は依然としてVeoliaとSuezの2社
  • ポーランド、都市廃水処理戦略を改正――EU都市廃水指令の履行に向けて
  • 欧州委員会、ルーマニアの上下水道設備新設などの環境関連プロジェクト2件を承認

米州

  • American Water、2010年持続可能水インフラ投資法に関する上院の活動を支持
  • 米国環境保護庁、安全な飲料水供給のための新方策を発表
  • 上水用公共井戸に多くの汚染物質――アメリカ地質調査所が報告
  • カナダ環境省、下水処理プラントの排出基準を定める規則案を公表
  • 大きな潜在力を秘めるラテンアメリカの水・廃棄物処理ビジネス

アジア、オセアニア、中近東、アフリカ

  • 中国の汚水処理産業、十二五ヵ年計画の実施期間に急速に発展する見込み
  • 国家発展改革委:本年度上半期に150億元を配分して都市汚水施設建設を支援
  • 水不足と水質汚染が中国の主要産業の成長を阻害――Asia Water Project報告書
  • 廃水処理費用の負担など環境費用の賦課をめぐって依然、ベトナム政府部内で不一致、環境費用徴収は困難
  • マレーシア、劣化する水資源の保全および再生のため、国家水資源環境政策を策定へ
  • インドネシア、ジャカルタの新たな上水道ネットワーク、2012年に全面稼働へ
  • インドネシア、2010年12月に淡水化プラントが稼動開始
  • 世界有数の水ビジネス先進国、シンガポール――水リサイクル率は、世界最高レベル
  • インド政府、産業界を対象に、水価格の大幅な値上げを計画
  • インド中央地下水局、雨水収集システムの設置を義務化するよう州政府に通達
  • コカ・コーラ社の工場が引き起こした地下水の過剰採取等の環境汚染により、44.5億円の損害――Kerala州政府は責任追及へ
  • 南アフリカはFIFAワールドカップの間の水と廃水の要件についてどのように対応しようとしているのか
  • 南アフリカ水務省、同国の廃水処理施設のほぼ半数が基準を満たしていないことを明らかにした報告書を発表