第42号(2012年5月発行)

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」42号(2012年5月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

巻頭トピック

  • Deloitte、世界の水セクターにおける最重要課題をまとめた報告書を発表
  • 世界的な水問題の解決に向けた課題をステークホルダーらが共有―第6回世界水フォーラムが開催
  • シェールガス開発に伴う水処理市場は2020年までに9倍の90億ドル規模に
  • 石油・ガス産業および鉱業向け水技術へのベンチャー・キャピタルの投資が増大

研究開発動向

  • 米ペンシルベニア州立大、廃水を燃料として廃水を浄化する無限システムの原理を開発
  • 米韓の大学が正浸透法で逆塩分拡散がファウリングに大きく影響することを確認
  • 米国の研究開発企業が磁気を利用して海水の淡水化や土壌の塩抜きができる技術の特許を取得へ

主要プレーヤーの動向

Veolia

  • Veolia Water、2012年から2014年にかけての総合目標公表
  • Veolia Waterインド法人と現地インフラ・エンジニアリング企業のJV、ナーグプル市の上水道長期運営・保守契約を獲得
  • Veolia Water、初めて日本の上水道契約を獲得――日本での地位を高める
  • VeoliaとAppear、可搬浄水ユニット・サービスをモバイル・クラウドでより効率的に

Suez

  • ブダペスト市、水道事業をSuezとRWEから買い戻しへ
  • メキシコ、プエブラ州がデグレモンの水処理コンセッション契約を早期解除

GE

  • GE、インドの製鋼所にZLD廃水リサイクル技術を提供
  • 米EPA、NY州東部のスーパーファンド・サイトの飲料水保護措置でGEおよびSI Groupと合意

Siemens

  • Siemens、イギリスでのプレゼンスを強化――現地の2事業を併合
  • Siemens、石油・ガス産業向け水ビジネスを強化

注目企業の戦略動向

  • Pentair、Tyco Flowを吸収して年商80億ドル規模の企業に
  • スイスのABB、イスラエルの水道ネットワーク・モニタリング会社TaKaDuに投資
  • オランダのエンジニアリング・コンサル会社Royal HaskoningとDHVが合併―独立系では世界のトップ10に
  • 米Mueller Water Products、不採算部門のU.S. Pipeを売却
  • ドイツのPassavant-Geiger、イタリアのDiemme Filtrationを買収
  • NanoH2O、販売強化と製品開発に6050万ドルを用意
  • Aqua-Chem、世界各地へ積極展開――ブラジルではVICEL Groupと戦略的合弁事業、またロシアではSWROプラントを建設
  • Oasys WaterとSelect Energy Services、石油・ガス業界向け水処理サービスで提携
  • StatkraftとHydro-Québec、浸透圧発電の研究開発で提携
  • サウジのSWCCがDowと淡水化技術で提携
  • Dow Chemical 、Clean Filtration Technologies社の未保有株式を取得することで合意
  • ダウ・ケミカル、深セン水務集団と覚書調印――UF膜やRO膜などの技術を提供し、共同開発を推進する意向
  • 中国政府系ファンドのCICがThames Waterの株式8.68%を取得
  • Desalitech、シンガポールでクローズド・サーキット淡水化のパイロット・プロジェクト開始へ
  • i2O Waterのクラウド・ソリューション、マレーシアで1日4000万リットルの漏水防止に貢献
  • フィリピンのAyala Corp.、ベトナムのインフラ企業と水企業に投資
  • Hyflux、インドでのアジア最大級の淡水化プラント建設へむけた共同開発契約に合意
  • Xylem、Thames Waterから機器購入の包括契約などを獲得
  • スコティッシュ・ウォーター、ポーランドの水事業者に対してインフラのアセットマネジメントを支援
  • BioGill Environmentが生物反応を用いた水処理技術の知的所有権をオーストラリア政府より取得

地域別の市場・政策・規制動向

国際

  • 国連の知的所有権専門機関が再生可能エネルギーを利用した淡水化技術の現状を報告
  • 水資源管理のための国際基準の策定に向けた意見公募が開始

欧州

  • 欧州委員会、2020年へ向けた水政策に関する意見募集を開始
  • 欧州委員会が水問題に対処するための欧州イノベーションパートナーシップに関する方針を発表
  • 国連「世界水の日」に欧州委員会とEEBが水問題に関する調査レポートを発行
  • スペイン、水質法、廃棄物法、自然遺産保護法の改正を承認するための勅令を承認
  • ロシア政府、水経済に関する新プログラムを可決――2020年までの投資額は140億ユーロ
  • ロシア政府、8年にわたる水資源管理に向けた包括的プログラムを開始

米州

  • 米国の水事業者、気候変動の影響に備えるために連邦政府の支援を求む
  • 米国水質浄化法制定40周年――フォーラムで水道事業関係者が現在の課題を指摘
  • 2012年3月発足のU.S. Water PartnershipにClean Water America Allianceも参加を宣言――国際的な活動と国内の展開とを結び付ける役割担う
  • 米国企業、節水はいまや存続を左右する問題
  • メキシコ、飲料水の供給量を増やすため6カ所の海水淡水化施設の建設を検討
  • メキシコシティにおける工業および商業用排水基準値を規定する規格が公布
  • 2017年までにブラジルの水供給の35%は民間セクターによって賄われるべき―専門家の見解

アジア

  • 中国国務院、「海水淡水化産業発展推進に関する意見」を公表―2015年までに造水能力拡大を目指す
  • 中国情報筋、海水淡水化産業推進の動きに対し関連設備の生産能力過剰の問題を指摘
  • 中国で今後水関連市場が大きく成長する見通し――水質改善に向けた新基準導入をうけて現地メディアが報道
  • 中国、水関連プロジェクトに今後50兆円以上を投じる見通し示す―第6回世界水フォーラムにおいて中国水利部長がコメント
  • 中国北京で全国水資源業務会議開催――国務院副総理、最厳格水資源管理制度を実施するよう求める
  • 中国国務院、『“十二五”全国都市部排水処理および再生利用施設建設計画』を公表――関連分野に総額5兆円以上投じる意向明らかに
  • 台湾の水処理施設で警戒値を超えるアルミニウムが検出―台湾自来水公司は今後アルミニウム使用量削減に努める意向
  • 韓国上下水道協会、衛生安全基準の認証制度を改定――非認証製品の販売禁止へ
  • 韓国、下水処理場の技術診断を民間企業が実施できるよう法令改正
  • タイ天然資源環境省、廃水処理の許認可に係る省令案を策定―工業排水処理者等に対して地方自治体の認可取得を義務化へ
  • ベトナム、廃水に対する環境保護費用に関する新政令案を策定
  • ベトナム、農村における浄水・環境衛生プログラムを公表―農村部の衛生環境向上を目指す
  • 越ハノイ市、2030年までの排水マスタープラン案を策定―氾濫防止や下水処理施設の増強に焦点
  • インド、イスラエルと都市の水問題で協力協定
  • イスラエルの国営水企業Mekorot、今後の水供給について楽観的展望を示す
  • アラブ首長国連邦では水道水がWHOの基準値を満たしていない地域も―現地紙の報道
  • イラン、10億ドルの海水淡水化プロジェクトに着手