第46号(2013年5月発行) – 老朽化する先進国の水インフラ

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」46号(2013年5月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

このEWBJ46号でもこれまで同様に、世界の水ビジネスに関わる様々な業界の企業動向、各地域の政策と規制の動向、最新の研究開発動向をお伝えしています。その中で特に今回注目すべきトピックとして「老朽化する水インフラ」があります。先進国でのインフラの老朽化は深刻であり、特に水インフラは重要な課題となっております。例えば米国では、毎日大きなものだけでも650か所で水漏れが発生しており、毎年漏水で失われる処理水の量は2兆ガロン(約75万 m3)に及び、その価格は26億ドル(約2652億円)に相当すると見積もられています*1

米国ではこの問題に呼応するように、2013年5月に上院で2013年の水資源開発法案(S. 601)」が可決され、下院に送られました。この法案では、水インフラのための資金供給を行う公的機関の創設を定めており、これが水インフラの改修を進めていく上で重要な役割を果たすと見込まれています。
全米市長会議が2013年に公表した報告書*2では、国内の自治体による上下水道インフラへの投資額が公表されました(下図)。これによると、年平均6.5%で投資額が毎年増えていることが分かります。今後25年間では、上下水道セクターだけでもインフラ投資に1兆ドル(約100兆円)が必要になると予測されています。

201305001_1

2001年~2010年までの米国における水インフラへの年間投資額の推移

この米国の水インフラに注目して、すでにそこでの事業展開の強化に乗り出した海外企業もあります。例えば今号で紹介しています、水道網管理などに用いられる製品を扱うイスラエルのWhitewater Groupがそうです。同社は、上下水道インフラのエンジニアリング会社と提携契約を結び、自社製品の提供を行っております。さらに、オハイオ州で新たな子会社も設立する予定です。

水ビジネスというと、地域的には中国、ASEAN、中東などの途上国が注目されがちです。確かにそれらの市場規模は今後拡大していくと期待されておりますが、先進国での水インフラに関わる市場も大きく成長していることに目を向けていき、ビジネス・チャンスを広げていくことが重要ではないでしょうか。

EnviXでは以前から先進国、特に米国の水インフラに注目してきました。今回EWBJ46号でもこれに関連するものとして以下のトピックを掲載しております。

  • 米国水環境連盟が国家水インフラサミットを開催
  • 米上院委員会を水インフラ資金・改革法案が通過
  • 米上院を水インフラ資金・改革法案が通過
  • 増大する米国水インフラ需要と進化する「設計‐建設方式」
  • NACWA、WERF、およびWEF、アメリカの下水道ユーティリティの未来を描く報告書を公表

是非ともご覧ください。

また、今回の特集ではタイのHydrotek社」へのインタビューを掲載しております。これは、2013年2月にEnviXスタッフがタイに行き、HydrotekのCEOへのインタビューをまとめたものです。Hydrotekはタイ国内で多くの水事業を手掛けており、最近ではミャンマーへの進出も計画しております。

その他、今回新たに中国の水市場に特化したコラムを掲載しました。これは、EnviXのパートナーでもある「清華大学環境学院 常妙 助教授」が作成したものです。常助教授は、中国の十二次五カ年計画のなかで水分野の政策策定に関わっている方で、水政策の専門家です。今回は中国の「排水」にスポットを当て、その最近の動向を紹介いたします。

*1 米国水インフラを中心とした世界のインフラ市場については、EWBJ44号で計21ページにわたり解説しております(「【特集】世界のインフラ市場の危機と今後の市場性」)。*2 The US Conference of Mayors, 2013: Growth in Local Government Spending on Public Water and Wastewater -But How Much Progress Can American Households Afford?
http://www.usmayors.org/pressreleases/uploads/2013/0502-report-water.pdf

巻頭トピック

特集

タイ水市場で躍進するHydrotek社の経営理念と最新の企業概要

中国水市場コラム

中国の排水市場に関する動向

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

Siemens

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他