第47号(2013年8月発行) – シェールガス開発手法、水圧破砕法(フラクチャリング)

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」47号(2013年8月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

エネルギー問題は世界中のほぼ全ての人間にとって非常に重要なトピックですが、そのエネルギー分野においていま最も注目を集めているもののひとつが「シェールガス」です。これは、近年の技術発展によりその採掘コストが低下したため、生産量が今後飛躍的に伸びると見込まれているからであり、特にその生産に力が注がれているのは米国においてです。米国エネルギー情報局(EIA)の発表によると、2040年の米国におけるシェールガス生産量は2011年の2倍以上になり、天然ガス総生産量の半分をシェールガスが占めると予測されています。このようなシェールガス生産量の増加は、エネルギー資源の流れやエネルギー価格を左右するため、様々な経済的な影響を与えるものと予想されています。

201308001_1
米国における天然ガス生産量の2040年までの予測
出典:EIA Annual Energy Outlook 2013*1, Figure91

一方で、もうひとつの大きな影響として環境とりわけ水資源への懸念が挙げられています。シェールガス開発手法として使用される「水圧破砕法(フラクチャリング)」は、大量の水に化学物質などを混ぜ合わせ、それをシェール層に圧入することで割れ目を拡大し、シェールガスを得るものです。これには様々な問題が付随していますが、特に大量の水を使用することによる周辺の水不足がそのひとつです。

環境NGOのCeres(セリーズ)が2013年5月に発表した報告書*2は、フラクチャリングにより米国内で深刻な水不足が今後起こると警鐘を鳴らしており、特にテキサス州とコロラド州が顕著であるとのことです。このため、そういった地域における水の再利用、淡水源以外の利用、効率的な水資源管理がこれからの課題だと述べられています。そして、こういった分野での需要拡大を見越すことで、水ビジネスとしての可能性を見出すことができます。また水不足だけでなく、シェールガス掘削にともなう廃水処理ビジネスも確実に拡大するでしょう。

今回のEWBJ47号には、シェールガス関連の話題として以下のものがあります。企業の動向や、フラクチャリングに関する規制、技術開発プロジェクトに関するものです。是非ご覧ください。

また、47号の特集は2つとなっており、それぞれ水道インフラ運営に関する最近の動向を紹介するものです。一方は途上国を対象に、もう一方では米国を取り上げております。特に後者は最新の事例をもとに民間資金の調達に焦点を当てております。

中国水市場コラムでは、国内の海水淡水化市場にスポットを当て、その関連政策や主要中国企業の概要、そして中国国内の問題点をまとめております。

*1 http://www.eia.gov/forecasts/aeo/pdf/0383(2013).pdf*2 http://www.ceres.org/issues/water/hydraulic-fracturing-water-stress/hydraulic-fracturing-water-stress

巻頭トピック

特集

中国水市場コラム

中国海水淡水化事業の発展現状と課題

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

Siemens

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他