第48号(2013年11月発行) – Siemensの水事業再編

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」48号(2013年11月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

2012年秋に公表されたSiemensの水事業再編ですが、それから約1年経った2013年11月6日にようやくその事業売却先が発表されました。売却先は米国のプライベート・エクイティであるAEA Investorsで、その売却額は6億4000万ユーロ(約860億円)とのことです。この事業売却については、他部門とのシナジーが少なかったことがその理由として挙げられております。今後Siemensは完全に水ビジネスから撤退するわけではなく、浄水・下水処理プラントや海水淡水化プラントの運転のオートメーションなどといった、自社のコア技術との相性が良い事業を継続していきます。

さて、Siemensの水ビジネスのこれまでの経緯を簡単にまとめたいと思います(下図)。

201311001_1
図:Siemensの水ビジネスにおける主な動向(各種資料をもとにEnviX作成)

まず、2004年のUSFilterの買収が同社の水ビジネスへの本格的な参入のスタートだと言われております。かねてより水市場への進出を試みていた同社は、このUSFilterの買収によって北米での浄水処理および廃水処理ビジネスのトップの座に躍り出ました。また、Siemensの最大のライバルともいえるGEも以前から水ビジネス参入を始めており、その点からもこのUSFilter買収はSiemensにとって非常に大きな意味を持っております。その後2007年には米国の水処理関連企業を4社買収し、水の殺菌処理および超純水製造などの事業ポートフォリオの拡張を進めてきました。
一方、アジア市場への展開も盛んにおこなわれてきました。2006年には北京のCNC Water Technologyを買収し、2008年にはシンガポールのChemitreat Groupを買収しました。前者は中国市場を、後者は東南アジア市場の展開強化を図ったものです。
その他にも、ドイツの膜メーカーであるinge AGとの提携や、鉱業用フィルタのIndustrial Process Machinery社の買収、Cambridge Water Technology社の買収などを実施し、その事業範囲および進出市場を拡大してきました。

2008年にシカゴで開催された水ビジネス・ショーWEFTECにおいて、Siemens Water Technologies の当時のCEOであるChuck Gordon氏は同社の強みとして以下を挙げています。

  • 広範なビジネス・ポートフォリオ
  • 研究開発への投資(当時は業界平均の2倍の資金を研究開発に投資していた)

しかしながら、今回の事業売却では、そのビジネス・ポートフォリオの見直しが目的として掲げられております。他部門とのシナジーが少ない水処理分野を中心に売却することで、事業の合理化を図ることが狙いだからです。過去に自社の強みとして挙げていた広範なビジネス・ポートフォリオを、いまでは事業再編の対象としている点が注目に値します。このようなSiemensの参入から売却に至るまでの経緯というのは、今後の水ビジネスの在り方を考える上で参考になるのではないでしょうか。

また、48号ではベトナムの上下水道市場を特集として取り上げております。ベトナムではいまPPP関連規制の改正が検討されており、これが実現すれば同国への上下水道事業への民間企業の進出が促進されると見込まれております。そこで今回の特集では、ベトナムにおける水ビジネス関連の規制体系や、他の企業の進出動向などを整理し、お伝えしております。

中国水市場コラムでは、国内の給水市場にスポットを当てております。都市化にともなうインフラ整備への需要が高まるなかで、この給水市場はさらに成長していくと予測されています。ここでは、十二次五カ年計画をはじめとした関連政策や、主要中国企業の概要、そして今後の展望をまとめております。

巻頭トピック

特集

ベトナムでの上下水道事業:現状と展望

中国水市場コラム

中国都市部における給水事業の発展状況と課題

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

Siemens

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

欧州

米州

アジア

その他