第49号(2014年2月発行) – デリー・ムンバイ間産業大動脈構想

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」49号(2014年2月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

世界中の国・地域で水ビジネスの成長が見込まれていますが、その中でも最も有望な市場のひとつとしてインドが挙げられるでしょう。インドは、現時点での人口は約12億人ですが、国連の推計によると2028年には14億5000万人以上となり中国を抜き世界第一位になると言われております。さらに近年は国内の工業化も進んでおります。日本も支援している「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」は、周辺地域に巨大工業地帯を創出することを目標に900億ドルもの資金が注ぎ込まれる大規模プロジェクトです。これにより工業団地、物流基地、発電所、道路などのインフラ整備が進められ、当該地域における工業生産量が3倍になると見込まれています。このような人口増加と工業化が急速に進むなかで、やはり水資源への需要も同様に高まるものと推測されています。

201402001_2
図 インドのセクター別の水需要量(2025年と2050年は予測値)
(出典:India’s Water Future to 2025-2050, IWMI

VeoliaやSuezなどの世界的な水企業は、すでにインド市場に入り込んでおります。最近ではVeoliaがカルナタカ州で3件の新規給水契約を受注し[1]、Suezもバンガロールおよびピンプリ・チンチワッドでの水管理契約を受注しております[2]。SuezのCEOであるJean-Louis Chaussade氏は2012年末のメディアのインタビューにて「インドの水コンセッション市場で大きなシェアをつかみたい」と今後のインド水市場への抱負を語っています。

他にも多くの企業がインド市場への進出を画策しております。このEWBJ49号でも以下に示す通り、事業分野は様々ですがインドの水市場を狙う企業が複数挙げられております。

また、ドイツのジャーマン・ウォーター・パートナーシップ(GWP)も2013年10月に「第1回インドGWP合同大会」を開催し、インド市場への積極的な姿勢を見せております[3]。ここでは、GWP会員の製品やサービスをインド側関係者に紹介し、具体的なビジネス・チャンスを狙いました。

市場の脆弱性、中央政府と地方政府のそれぞれが定める規制の違い、水資源に関する紛争など、インド市場には様々な障害があると言われております[4]。しかしながら、多くの企業がインドでの水ビジネスの成功を目指し、アプローチを仕掛けております。こういった各社の事例を整理し、理解することでインド市場進出のヒントが見えてくるかもしれません。

その他、49号ではイスラエルの水ビジネス戦略を特集として取り上げております。現在、多くのイスラエル企業が世界の水市場で活躍していますが、今回の特集ではその要因について紹介したいと思います。イスラエルという国が抱える問題、水ビジネスに関する政策、水企業の海外戦略などについて示しております。

中国水市場コラムでは、国内の汚泥処理市場にスポットを当て、その関連政策や主要中国企業の概要、そして今後の展望をまとめております。

[1]EWBJ47号に関連記事有り「Veolia Water、インド・カルナタカ州で3件の新規給水契約を受注
[2]EWBJ48号に関連記事有り「Suez Environment、インド2都市において2件の水管理契約を獲得
[3]EWBJ48号に関連記事有り「ジャーマン・ウォーター・パートナーシップ、インドに進出――第1回大会を開催
[4]「水ビジネスを優先して取り組むべき地域・国(ASEAN・インド)」、経済産業省水ビジネス・国際インフラシステム推進室

巻頭トピック

特集

イスラエルの水ビジネス戦略

中国水市場コラム

中国・都市部における汚泥処理事業の発展現状と課題

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

Siemens

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他