第50号(2014年5月発行) – 鉱業分野での水処理にVeoliaやSuezなどが積極的姿勢

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」50号(2014年5月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

経済の発展にともない様々な電子機器が世界中で普及するなか、その一部としてそれらを支えているのが銅や金をはじめとする各種鉱物であり、その生産量は増大しつつあります。また同様に、エネルギー需要の拡大によって石炭や天然ガスなどの資源の採掘も増加の一途をたどっております。そして、これら天然資源の開発におけるキーワードのひとつとして水が挙げられます。例えば、1トンの石炭を採掘、処理、輸送する上で必要とされる水の量は約3~10m3と推定されております。鉱業分野全体で今後さらに生産量が拡大するものと予想されるため、同分野における水に関するソリューションへの期待は高まると見込まれます。なお、国別の鉱業分野での水市場規模は下図の通りです。オーストラリアがトップですが、その後には南米や北米の国が集中していることが分かります。

201405001_1
図 鉱業分野における国別の水市場規模
(出典:GWI, Water for Mining)

このような市場の拡大が予想される鉱業分野において成長を目指している企業がVeoliaとSuezの2社になります。今回のEWBJ50号でも以下のタイトルで取り上げているように、両社は鉱業分野への積極的な姿勢を示しております。Suezにおいては、企業買収によって、同分野に対して素早い攻勢を仕掛けることを狙っているようです。

  • Veolia、規制強化の中で鉱業分野での水処理事業の成長を目指す
  • Suez Environnement、石油・ガス分野での水処理事業の強化に向けて企業買収を検討

また、イスラエルのIDE Technologiesも鉱業分野でのビジネスチャンスを目論んでいる企業のひとつです。IDEは、鉱山開発において海水淡水化による水の確保が義務化される動きのある、南米の複数の国での商機を目指しております*1。さらに、この動きは韓国の斗山重工業(Doosan)も同様で、同社は2013年8月に初めて南米において海水淡水化プラントを受注しました*2。このプロジェクトは、チリのエスコンディーダ鉱山に用水を供給するための海水淡水化プラントの建設になります。なお、入札ではスペインのAccionaや、Suezの子会社であるDegrémont、そして先ほど挙げたIDEに競り勝ったと報道されております。

世界の水ビジネスにおける複数の主要企業が鉱業分野での水ソリューションに名乗りを上げ始めており、今後ますます競争が熾烈になるものと予想されます。そのため、これら競合他社の展開や関連規制を把握することの重要性がさらに高まるでしょう。今後もEWBJでは、鉱業分野での企業や規制の動向を継続して報告していきます。

その他、EWBJ50号の中国水市場コラムでは、国内の工業排水市場にスポットを当て、その関連政策や主要中国企業の概要、そして今後の展望をまとめております。

*1 EWBJ50号に関連記事有り「IDE Technologies、中南米で淡水化等の事業を拡大へ*2 EWBJ48号に関連記事有り「斗山重工業、チリのエスコンディーダ鉱山で海水淡水化プラントプロジェクトを受注――同社にとって中南米で初となる契約

巻頭トピック

中国水市場コラム

中国における工業排水処理事業の発展現状と課題

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他