第51号(2014年8月発行) – 再生水の導入に向けた世界の潮流、米国EPAは積極的な姿勢を示す

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」51号(2014年8月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

水不足が深刻さを増すなかで、排水を再利用する動きが世界的に広まりつつあります。特に下水を処理して利用されるものは再生水と呼ばれており、世界全体の再生水市場は2025年には2.1兆円に成長すると試算されております。水ビジネス全体の市場規模からするとこの額はわずかであるかもしれませんが、市場の成長率は大きいため注目が集められております。なお、世界全体では一日当たり2100万m3もの再生水が生産されており、国別に見ると米国が圧倒的に多いという結果になっております。

201408001_1
図 処理排水の再利用量の国別割合
(出典:National Research Council, Water Reuse: Potential for Expanding the Nation’s Water Supply Through Reuse of Municipal Wastewater)

この再生水ですが、有名な取り組みとしてはシンガポールのNEWaterがあります。水不足に悩む同国は、国内で消費される水の4割近くをマレーシアからの輸入に頼っていますが、2061年にこの契約が切れるため代替施策が求められてきました。そこで注目されたのが再生水で、2003年に最初の処理プラントが完成し、2010年には日量5000万ガロンを処理することのできる最大級のプラントが作られ、現在では国内需要の30%をこのNEWaterが賄っております。2060年までにはこの値を55%にまで拡大することが目標となっております。

さて、再生水に関する検討は世界各地で着々と進められており、このEWBJ51号でも関連するいくつかの情報をお伝えしております。まず欧州ですが、再生水の利用促進に向けた動きがEUレベルで高まってきています。2006年時点でのEUにおける再生水の量は年間9億6400万m3(なお、この値は処理される下水の2.4%にあたる)ですが、2025年には年間32億2200万m3になると予測されています。このため欧州委員会は、関連する政策についての意見公募を開始し、再生水の利用についての最適化を図ろうとしております。

また、上記のように世界で最も再生水が利用されている米国では、特にアリゾナ州、カリフォルニア州、フロリダ州、テキサス州でその利用が比較的進められております。そのような現状のなかで米国環境保護庁(EPA)は、再生水の飲用利用に関するガイダンス作成に着手しました。特に今回のガイダンスでは、飲用水としての直接利用について言及されるものと見込まれており、その内容には注視する必要があります。

そのほか、オーストラリアでも再生水に対する関心は高まっております。ただし同国では、特に飲用水としての利用には市民は抵抗を感じているという調査結果もあり*1、今後の政策の行方が気になるところです。

上記のEUと米国のそれぞれの記事、さらに再生水に関連する記事としてEWBJ51号では以下を報告しております。

  • 水の再利用促進に向けたEUレベルの政策案について欧州委員会が意見公募を開始
  • 米EPA、再生処理済み下水の飲用再利用に関するガイダンスを作成へ
  • CH2M HILLとThiessのJV、オーストラリア初となる地下帯水層に処理水を注入するプラントの設計・建設・運営契約を獲得
  • 米オクラホマ州で飲用水再利用法が成立
  • 米テキサス州グレアム市、水不足対策で飲用水再利用を検討

今後も米国を中心に再生水に関する議論は盛んになるものと予想されます。EWBJではその重要な動向をウォッチし、報告していきます。

その他、EWBJ51号では中国水市場コラムとして「小都市・農村部における生活排水処理」にスポットを当て、その関連政策や主要中国企業の概要、そして今後の展望をまとめております。

*1 EWBJ47号に関連記事有り「オーストラリア、下水の飲料水利用に対して市民は抵抗感を持つ

巻頭トピック

中国水市場コラム

中国、小都市・農村部における生活排水処理

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他