第53号(2015年2月発行) – 水ビジネスに関連する様々な法律・規則

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」53号(2015年2月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

前号、前々号はスマート・ウォーター、再生水といった水ビジネスの特定分野についてこの「はじめに」で触れましたが、今回のEWBJ53号では水ビジネスに関連する様々な「法律・規則」について最近の動向を簡単に紹介したいと思います。

法律や各種基準などは基本的には遵守しなければならなく、企業活動にネガティブな影響を与えるものという印象がありますが、それを逆手にとってビジネスチャンスと捉えるべきでしょう。例えば基準値が強化されることで、高度な技術力をもつ企業にはその市場での拡大の可能性が開けます。具体的には、いま中国では都市下水処理場排出基準の改正が検討されており、2015年には公布される予定となっています*1。排水基準が一旦強化されれば、高度水処理が有望な市場となり、有機汚染物質、無機汚染物質、および、各種の新規汚染物質を、いままで以上に厳格に処理する必要性が生じるため、膜分離活性汚泥法(MBR)をはじめとした応用処理工程へのニーズが更に拡大するものと見込まれております。中国の大手証券会社の予測によると、2014~2018年にかけての都市部下水処理施設の「提標改造」(排水基準の強化、および、それに対応するための更新事業)の規模は、1400万m3/日に達し、投資規模は100億人民元を超えるものと期待されているそうです。また、世界的水プレーヤーであるVeoliaは、各国での鉱業事業分野における環境規制強化をチャンスとして、現在攻勢をかけています*2

一方で、水ビジネス企業に対して直接的に追い風となるような規則も、近年では多く公布されております。スペインでいま議論されている「都市水道法案」はその一例と言えるでしょう*3。同国政府は、一般家庭や企業に水を供給する地方自治体の水道事業への規制を、効率化などの観点から改正しようとしており、そのために都市水道法案を準備しています。この法案は、消費者に水を直接販売する地方自治体に対して、考え得る最良の代替事業者と比べて「持続可能性が高くて効率的である」ことを求めており、この持続可能性や効率性は収益性と投資収益率で判断されます。これが、スペインのAccionaやフランスのSuez Environnementなどの民間企業に有利にはたらく可能性があると言われております。そのほか、ペルーでは上下水道事業を近代化するために官民連携(PPP)の促進*4や、ベトナムでの下水処理プロジェクトに対する企業投資の優遇策を定めた政令*5などがあります。

以下に、水ビジネス市場の拡大において大きな役割を果たすと見込まれる各国の規制について、最近の主な動向をまとめましたのでご参考ください。

 

no_53_01図 各国における水ビジネスに関わる規則
出典:EnviX Water Business Journal

 

その他、今回の中国水市場コラムでは「中国水処理分野における上場企業の発展状況とトレンド」と題して、中国水企業の事業戦略をまとめました。中国国内で水ビジネスを展開する日本企業にとっては、競合となる彼らの現状を把握することが重要となってきておりますので、是非ご覧ください。

 

*1 EWBJ52号に関連記事有り「中国・環境保護部、都市下水処理場排出基準を2015年に公布予定–高度水処理市場の拡大が見込まれる

*2 EWBJ50号に関連記事有り「Veolia、規制強化の中で鉱業分野での水処理事業の成長を目指す――2020年までに鉱業分野で売上21億ドルを目標に

*3 EWBJ50号に関連記事有り「スペインの都市水道法案、民間による水道事業への投資の呼び水に

*4 EWBJ47号に関連記事有り「ペルー、上下水道事業の近代化を促進するための法律を公布

*5 EWBJ52号に関連記事有り「ベトナム、排水および排水処理に関する政令80/2014/ND-CP号を公布

 

巻頭トピック

中国水市場コラム

中国水処理分野における上場企業の発展状況とトレンド

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

欧州

米州

アジア

その他