第54号(2015年5月発行) – 2000年から2050年にかけて、水需要量は約5倍に成長する見込み

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」54号(2015年5月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

水に関するリスクが世界中で顕在化しつつあるいま、様々な国際機関、国際NGOなどが警鐘を鳴らすための活動をおこなっております。2012年にOECDが発表した“OECD Environmental Outlook 2050”によると、人口の増加にともない世界全体の水需要量は増え続け、2050年には54億立方メートルに達すると予測されています(下図)。地域別に見ると、やはりBRIICS(ブラジル、ロシア、インド、インドネシア、中国、南アフリカ)での伸びが特に大きいことが分かります。またセクター別では農業分野が最大ではあるものの、需要の伸び率としては製造業が顕著であり2000年から2050年にかけて水需要量は約5倍に成長するものと見込まれています

f-054index-a
図 世界の水需要量予測
(出典:OECD Environmental Outlook 2050)

また、英国のCarbon Disclosure Project(CDP)*1は、水問題への企業の取組を評価しており、昨年10月には日本の大手企業150社を対象とした調査結果を発表しています*2。それによると、多くの日本企業が、直接の操業やサプライチェーンにおいて十分な量の良質な淡水が利用できることが重要であると認識している一方で、直接の操業とサプライチェーンの両方を対象として水リスクの評価を行っている企業はまだ少数派であることが明らかになりました。

このEWBJ54号でも、こういった水問題に関する最新の報告について紹介しています。国連は2015年3月に“World Water Development Report 2015”を公表し、世界中での水需要の増加と各地での水資源の効率的な利用に向けた取り組みをまとめております。このほか、NPO団体のCeresは米国の食品企業を対象とした水リスクへの取り組みを調査し、その結果を2015年5月に公表しました。調査した37社のうち23社では事業における水リスクの評価をはじめているという結果ですが、水質汚染の問題についてはまだ意識が低いということも分かりました。

一方で、こういった将来的な水のリスクを解消するうえで、ビジネスチャンスの拡大が見込まれます。例えば、工業用の水需要が大きくなれば、排水を再利用するといったニーズが高まると予想されます。また、水質汚染管理が強化され基準が厳しくなれば、従来よりも信頼性のある高度な処理技術に注目が集まるでしょう。このような付随的な水ビジネスのチャンスを逃さないためにも、世界の水資源の動向や関連する水問題にも目を向ける必要があります。

その他、今回の中国水市場コラムでは「中国の政策・発展方向の解説および水分野への影響」と題して、中国国内での水に関する最近の各種政策と水企業への影響をまとめました。

 

*1 世界中の機関投資家によって組織される国際NPO。水問題だけでなく、気候変動などの問題に対する企業の取り組みを評価している。世界中で時価総額の上位企業に対して関連する質問票を送付し、それらを集計し公開している。なお質問票への回答がなかった企業については、企業名が公開される。

*2 EWBJ53号に関連記事有り「英国CDP、ジャパン150ウォーターレポートを発表――日本企業の水リスク認識薄く

 

巻頭トピック

中国水市場コラム

中国の政策・発展方向の解説および水分野への影響

主要プレーヤーの動向

Veolia

Suez

GE

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他