第62号(2017年5月発行) – Suez、GE Water & Process Technologiesを買収へ

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」62号(2017年5月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

すでに多数のメディアでも報道されていますように、GEの水事業部門であるGE Water & Process Technologiesの買収先としてSuez Environmentが決まりました[1]。買収額は32億ユーロにのぼり、水ビジネスの世界では非常に規模の大きなものと言えます。Suezは2014年初頭に工業分野での水処理およびスマートウォーター関連分野での企業買収を積極的に進めていくことを発表し[2]、立て続けに買収を重ねてきましたが、今回はまさにその集大成ともいえる出来事となりました。自治体での上下水道運営事業の成長が伸び悩むSuezにとっては、新たな市場開拓(産業向けの水処理市場)を進めるうえで必要不可欠な戦略でしょう(一方で、世界の水ビジネス市場でSuezと双璧をなすVeoliaですが、近年はあまり企業買収を進めておらず、両社の方向性の違いが今後どのような結果となるか、非常に注目です)。

さて、今回の事例以外で、近年の水ビジネス業界において注目度の高かった代表的な買収事例としては、以下のようなものが挙げられます。

買収企業 被買収企業(被買収部門) 買収金額
2011年 Ecolab Nalco 83億ドル
2013年 AEA Investors Siemens

(水処理関連部門)

6億4000万ユーロ
2016年 Xylem Sensus 17億ドル

 

1つ目のEcolabによるNalcoの買収は、それまでの同社の90年近い歴史のなかで最大のものであり、これきっかけとして本格的に水ビジネスへの進出が始まりました。その後もEcolabは中国や中南米といった地域で買収を重ね、この分野での拡大を続けております。次に2つ目の事例ですが、これもその当時は大きな話題となりました。数々の水関連企業を買収することで拡大を目論んでいたSiemensですが、最終的にはグループ全体の成長戦略にマッチしないSiemens Water Technologiesのなかの水処理部門を投資会社のAEA Investorsに売却する形となりました[3]。売却された同部門ですが、いまはEvoquaという社名で精力的に活動を行っており、最近では特にバラスト水処理市場で攻勢を仕掛けております[4]。最後の事例のXylemによる計測機器大手Sensusの買収[5]ですが、今後のスマートウォーター市場拡大を見越したXylemの企業戦略を示す事例となっております(Xylemは同じ年に、やはりこちらも同じくスマートウォーター関連の企業であるシンガポールのVisentiを買収しました)。

こういった事例からも、やはり自社単独で新しい地域の開拓、新技術の開発を進めていくだけではなく、買収といった思い切った手法で各社が市場シェア拡大を目指していることが分かります。もちろん、上で挙げたような事例以外にも、数億円や数十億円規模の取引の企業買収事例も多数あり、それぞれの水企業が独自の戦略のなかで動いております。

いっぽうで、SiemensやGEといった企業も元々は買収を重ねて水ビジネス市場に参入してきたわけですが、最終的には水事業を手放すという結果になりました。どちらも世界的な超巨大企業である影響からか、グループ全体としてのシナジーが見いだせない等といった理由があるようです。

以上、最近の水ビジネスにおける企業買収事例を紹介しましたが、このEWBJでは引き続き、目まぐるしく変化する世界の水ビジネス市場における、各国の水企業の動向を報告していきます。

その他、今回の中国水市場コラムでは「中国・都市部における汚泥処理事業の発展現状と課題」と題して、中国国内での汚泥処理に関する最近の各種政策と中国企業の動向をまとめました。

[1] EWBJ62号に関連記事あり「Suez、GE水処理事業を買収へ――買収額は32億ユーロ」

[2] EWBJ50号に関連記事あり「Suez Environnement、石油・ガス分野での水処理事業の強化に向けて企業買収を検討」

[3] このSiemensに関するトピックについては以下のページでも紹介しておりますので、詳細に関してはそちらをご覧ください。
http://water-business.jp/volume/no_48/

[4] EWBJ62号に関連記事あり「Evoqua、バラスト水処理システム生産施設の拡張を進める」

[5] EWBJ59号に関連記事あり「Xylem、米計測機器大手Sensusを17億ドルで買収」

 

巻頭トピック

  • Suez、GE水処理事業を買収へ――買収額は32億ユーロ
  • Evoqua、バラスト水処理システム生産施設の拡張を進める
  • RWL Water、Emefcyとの戦略的提携を発表
  • UNESCO、廃水の再利用の重要性を提言
  • マレーシア政府、再生水処理施設の新設計画を発表

中国水市場コラム

中国・都市部における汚泥処理事業の発展現状と課題

主要プレーヤーの動向

Veolia Water

  • Veolia Water(2017年3月~5月の主な動向)

Suez Environment

  • Suez Environment(2017年3月~5月の主な動向)

GE

  • GE(2017年3月~5月の主な動向)

研究開発動向

  • BGU及びUIUC研究者、下水中のウイルスを効率よく除去する革新的な限外ろ過膜を開発
  • マンチェスター大学、海水淡水化が可能な酸化グラフェン膜の開発に成功、水不足対策として期待集まる
  • MIT、空気中の水分から飲み水を生成する革新的技術を開発

注目企業の戦略動向

  • ACCIONA Agua、Siemens及びSchneider Electricと提携
  • ACCIONA、Geotechの買収を通じて豪市場を強化
  • Axine Water、カナダ政府から100万カナダドルの資金を獲得
  • Black & Veacth、ムンバイにおける「戦略的水リサイクル計画」作成業務を受注
  • 中国葛洲覇集団(CGGC)、ブラジルの水道ユーティリティの買収を皮切りに同国への本格進出を計画
  • 投資会社EQT Mid Market US、スマートウォーター関連企業のInnovyzeを買収へ
  • Evoqua、Noble Water Technologiesを買収
  • Grundfos、米消費者と水道事業者との間で水問題に対する認識に大きな隔たりがあると発表
  • Grundfos、TakaDuとパートナーシップを締結
  • Manila Water、無収水削減プロジェクトによりミャンマーにおける事業拡大を狙う
  • Modern Water、中国企業にFO技術ライセンスを販売
  • Nijhuis Industries、中国市場の拡大に向けてShanghai Winnerと提携
  • Qualcomm、ジョージア州郡政府の水損失の削減に協力
  • TrojanUV、加州政府から「TrojanUVSigna」の条件付き承認を獲得
  • Xylem、新興市場での成長に向けてPure Technologiesと提携

地域別の市場・政策・規制動向

国際

  • Barclays、エネルギー業界における水問題を指摘

欧州

  • 欧州の水業界と農業部門が相反する意見、再生水の活用を促すEU施策めぐり
  • EU飲料水指令の改正に向けたロードマップを欧州委員会が公表、意見を募る
  • ドイツで地下水水質評価パラメータ2項目を新規追加する改正地下水令が施行
  • 英国テムズウォーター、テムズ川への未処理下水放出で空前の2036万ポンドの罰金刑
  • スイス、河川水域の水温上限に例外を認める河川水域保全令改正案を公開協議へ
  • スウェーデン水・下水道協会、PFAS含有の疑いがある商品の禁止を呼びかけ
  • フィンランド、マイクロプラスチックが内陸水や海洋水にとって新たな脅威に

米州

  • 米EPA、水圧破砕が飲用水におよぼす影響に関する最終報告書を公表
  • 米国の水インフラ産業への投資、雇用と経済効果を創出
  • ラ米開発銀行CAF、ラ米の水の需給バランスと水確保に関するレポート内容を発表――水インフラ運営及び水使用の効率化が重要な柱との見解
  • ラテンアメリカ開発銀行CAF、ラ米の農村地区の上下水事情をまとめたレポートを発表。
  • コロンビア、主要都市の水道供給体制と上下水道整備への投資は概ね順調に行われている
  • ペルー政府、水質基準改正案を発表
  • パラグアイ政府と韓国政府、上下水工事の為の技術協力合意書を締結
  • ブラジル国家水資源局、国家水質モニタリングネットワークを開始
  • ボリビア、2020年までに汚水処理場建設に5億米ドル投資すると発表

アジア

  • 中国、2020年までの「全国都市汚水処理および再生利用施設建設計画」を発表
  • 中国政府4部門、重点用水企業水効率トップランナー行動実施細則を公布
  • 中国、水質・土壌汚染対策の強化は2017年重点活動任務の1つ
  • 中国、生態関連法制度の構築強化へ――土壌汚染防止法を制定するとともに水汚染防止法を改正する見通し
  • 中国四川省、都市部下水処理の発展を目指す3か年計画を発表
  • タイ、水質汚染の改善に向けた水質保全料に関する案を作成
  • タイ国内NGO、水質汚染の問題に警鐘を鳴らし、PRTR制度の必要性を主張
  • フィリピン最高裁判所、水質浄化法の遵守を環境天然資源省などに要請
  • ベトナム、多くの医療機関で廃水基準は守られていない
  • マレーシア、地下水を新たな水源として検討を進める
  • マレーシア・ジョホール州に廃水リサイクルの試験プラントが開設
  • シンガポール、便器や洗濯機などを対象とした節水ラベル規制を改正
  • インド、産業用施設への廃水処理設備の設置を義務化
  • インドCPCB、排水基準に違反するガンジス川沿いの工場に閉鎖命令

その他

  • 南アフリカ都市部、水供給量の37%が漏水により損失