第63号(2017年8月発行) – 各国の水質汚染問題に潜むビジネス機会

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」63号(2017年8月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

水質汚染は、環境問題のなかでも特に注目を集める分野です。日本で最も知られている公害病のひとつである水俣病も、水俣湾に排出されていた工場の廃液の中に含まれるメチル水銀が原因となり、あのような甚大な被害へと繋がりました(なお、ご存知の方も多いように、この水俣病をうけて世界的に水銀を規制する動きが高まり、「水銀に関する水俣条約」と名付けられた国際条約が2017年8月19日に発効しました)。海外でも水質汚染問題は頻発しておりますが、そのなかでも近年の特に大きな事故としては、ベトナムで起きた台湾企業のフォルモサの廃水による魚の大量死事故があります。これは2016年4月に発生したもので、ベトナム北中部地方のハティン省などで沿岸200 kmにわたり大量の魚が死に、その死骸が浜辺に流れ着き、同国内で大きな話題を集めた汚染事故です。ベトナム当局は、調査の結果、フォルモサの廃水中に含まれていたフェノールやシアン化物が基準を超過していたことが原因と結論づけ、また、フォルモサ側も賠償金として5億ドルの支払いを発表しました。

いっぽう、特に先進国で近年問題となっているものとして、有機フッ素化合物による環境汚染があります。様々な製品(フライパンやアウトドア用品など)の表面コーティング剤や撥水剤として使用されている、有機フッ素化合物の一種であるPFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)およびPFOA(ペルフルオロオクタン酸)は、現在多くの国・地域で規制が始まっており、直近ではEUのREACH規則の改正でPFOAが規制対象物質に新たに加えられました(2017年6月13日)。


図 PFOSとPFOAの構造式
(出典:環境省、国内等の動向について(PFOS))

PFOSやPFOAについては、人体への影響はまだ明確にはなっておりませんが、難分解性や高蓄積性といった観点から水環境の汚染が懸念されています。例えばアメリカでは、環境NGOと大学による調査の結果、全米27州で1500万人が利用する水道水が有機フッ素化合物で汚染されていることが分かりました[1]。また、PFOAの代替物質である“GenX”についても、河川の汚染が懸念されております[2]。GenXを使用しているアメリカのChemours社は、その安全性を主張していますが、米EPAは毒性データを見直し、リスク評価を更新することを発表しました。

このような水質汚染は世界各地で問題になっていますが、それらの解決に向けては様々なビジネスチャンスが期待されます。例えば、上述のPFOAの問題について、ノースウエスタン大学の研究チームが、飲用水に含有するPFOAを除去する低廉且つ再生可能なβ-Cyclodextrinポリマーの開発に成功したと学術論文で発表しました[3]。同材料は、水中のPFOA濃度を1 μg/Lから10 ng/L未満に減少させることができるといいます。今回開発されたポリマーは現在、研究チームを率いるDichtel教授が創設したCycloPureにて商業化が進められているとのことで、今後の動向が注目されます。このほかには、アメリカの水企業Xylemがスイス最大の下水処理場に納入したオゾン処理システムも同様の事例のひとつです。これは、微量汚染物質(工業化学品、医薬品・パーソナルケア用品(PPCPs)、駆除剤、ホルモン剤など)に対処するべくスイス政府が定めた新たな規制に対応するためのもので、そのニーズに関しては更なる拡大が見込まれます。

水の汚染問題の背景にある原因は各地で異なりますが、それらを丁寧に調べることで、現地のニーズに即したチャンスが見えてくるかもしれません。このEWBJでは引き続き、世界の水問題、水規制、そして企業の動向を報告していきます。

その他、今回の中国水市場コラムでは「中国水処理分野におけるPPP方式の応用状況と発展方向」と題して、水事業でのPPPに関する政策および最新動向をまとめました。

[1] EWBJ63号に関連記事あり「米27州の水道水、有機フッ素化合物で汚染

[2] EWBJ63号に関連記事あり「米でPFOAの代替物質GenXが河川を汚染

[3] EWBJ63号に関連記事あり「飲用水からPFOAを除去する新材料の開発

巻頭トピック

中国水市場コラム

中国水処理分野におけるPPP方式の応用状況と発展方向

主要プレーヤーの動向

Veolia Water

Suez Environment

GE

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他