第64号(2017年11月発行) – 勢いを増す韓国の水ビジネス企業

EnviX「水ビジネス・ジャーナル」64号(2017年11月発行)の目次と主要トピックをお伝えします。

はじめに

海外へビジネス展開するうえでは、現地のローカル企業とだけでなく他の外資企業と競合することとなりますが、特に日本の水ビジネス企業にとっては、韓国企業は大きなライバルと言えるでしょう。例えば、今回のEWBJ64号でも取り上げているトピックとして、韓国の建設会社Daewoo E&Cが、タイ・バンコク都市圏水道サービス供給事業者であるタイ首都圏水道公社(MWA:Metropolitan Waterworks Authority)と覚書を締結し、水道サービス分野における技術協力の相互支援を進めていくことを発表したように、アジア諸国に着々と進出を図っています。このほかにも、海水淡水化や下水再利用などを事業分野とする韓国Hyosung Goodsprings社が、韓国水資源公社(K-water)と国内中小企業39社と共に、「水ビジネス中小企業海外進出支援」の覚書を締結しました。Hyosungは今後海外の水ビジネス市場にて、覚書を締結した中小企業と共同で入札に参加する方針であり、中国やベトナムなどで展開する予定とのことです。こういった韓国企業の影響が現地でどれだけ出てくるかは現時点では分かりませんが、タイやベトナムをはじめとした東南アジア諸国の水ビジネスは日本企業も注目している市場であり、今後もその動向が注目されます。

また、韓国政府も水ビジネスの国外展開を後押ししています。最近では、韓国の国土交通部が2017年9月にオマーンとサウジアラビアを訪問し、海水淡水化をはじめとしたインフラビジネス拡大をアピールしました。アジア諸国についてはもちろんですが、淡水需要が拡大する中東地域、そして日本企業の進出がまだ少ないラテンアメリカ地域に対しても韓国政府は積極的な姿勢を示しています。以下は、EWBJで取り上げました、韓国政府または韓国企業とラテンアメリカ諸国の最近の動向についての記事になります。

政府の後押しを受けて勢いをます韓国の水ビジネス企業ですが、日本にとってはやっかいな競争相手となるため、その動向をチェックして損はないでしょう。今後もエンヴィックスのEWBJでは、関連するトピックをお伝えしていきます。

その他、今回の中国水市場コラムでは「中国の地下水汚染対策分野の現状と展望」と題して、中国での地下水汚染に関する現状、最近の各種政策と具体的な浄化プロジェクトについてまとめました。

巻頭トピック

中国水市場コラム

中国地下水汚染対策分野の現状と展望

主要プレーヤーの動向

Veolia Water

Suez Environment

研究開発動向

注目企業の戦略動向

地域別の市場・政策・規制動向

国際

欧州

米州

アジア

その他