北米での水道事業アドバイザリー・サービスの展開

2012年10月23-24日に開かれたBloomberg New Energy Finance Water Leadership ForumでのVeolia Water AmericasのLaurent Auguste CEO へのインタビューによると、現在同社はロサンゼルスとサンディエゴ――水事業をより効率的かつ費用対効果が高く運営可能である民間企業との事業契約に関心を示している――での水道事業アドバイザリー・サービスの展開を狙っているという。

2012年4月には、900万人に上下水道サービスを提供しているニューヨーク市に対して運営コストの削減をアドバイスするという、4年間で3600万ドル(約29億5200万円)の契約を締結した。Auguste氏は、このような形での民間企業による事業支援は、アメリカの地方自治体にとっては新たなトレンドであり、また、従来とは異なる市場展開方法を模索することは同社にとっても重要であると述べている。900億ドル(約7兆2000億円)に達するアメリカの公共水市場への民間投資は、「民間企業による水道サービスは好ましくない」という認識があるために、いまだ発展途上であるという。

Veoliaのビジネスは、水道サービス管理に関する専門知識を提供し、国際的な調達網の活用をすることでのコスト削減や運営改善を支援するものである。従来の官民連携(PPP)とは異なり、Veoliaが行うことは公共事業の運営者や作業員への支援のみであり、水道サービスの運営そのものを引き受けるわけではない。ニューヨーク市との契約では、年間予算12億ドル(約984億円)のうち、その10%のコスト削減の可能性があるとみている。

タグ「, 」の記事:

2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり
2020年2月1日
ラ米ではPPPによる上下水部門への民間の参加が必要だが、法整備などの面で課題あり