コスタリカ政府、2017-2030年国家飲料水政策を発表

コスタリカ政府は2018年1月26日、上水道網普及や水資源の保護、気候変動対策、関連機関の能力強化戦略をまとめた、「2017-2030年国家飲料水政策」を発表した。本政策は、以下の4本を柱とするものとなっている。その他、国家飲料水政策の実施状況のモニタリングとフォローの為の技術委員会が創設され、毎年報告書が作成されることが規定されている。

1. 水資源の利用に関する意識の啓蒙
  • Ÿ教育省の参加で、水資源の保護と適切な使用に関する教育を実施する。
  • 飲料水供給の為の水資源に関する情報交換や研究を奨励する。
2. 上水網インフラと供給サービスへの投資
  • Ÿ上水供給インフラの更新と、人口増加を考慮した効果的な投資マスタープランの作成。
  • Ÿ上水道事業者の体質を強化する、水道料金の設定見直し。
  • Ÿ新しい投資への官民協力。
  • Ÿ上水の質と量、サービス、供給網、持続性、信頼性に対する使用者の満足度を高める、飲料水管理戦略の策定。
  • 増える水源汚染への対策。
3.上水使用者のニーズと供給者を効率よく結ぶ行動計画
  • Ÿ 水資源と上水管理への住民の参加奨励。
  • Ÿ 上水分野の発展のための、官民協力戦略の策定。
  • Ÿ 上水管理を改善するための規約の見直し。
  • Ÿ 上水道網が普及していない地方での、官民協力による上水システム開発。ただし民営化ではなく、政府の責任と権限は維持する
4. 飲料水回りの環境管理
  • 水資源の効率使用奨励。
  • Ÿ水資源のモニタリングによる、飲料水供給計画作成。
  • Ÿ推定水量に従った、水使用割り当てを決める規約の策定。
  • Ÿ飲料水の質を維持する水資源の総合管理。
  • Ÿ気候変動対策を含む、水資源へのリスク管理。

なおコスタリカにおける2015年の水資源利用は、飲料水用が22%、農牧用が21%、食品加工業用が19%、工業用13%、灌漑用10%、観光用8%となっている。


図 コスタリカでの水資源利用内訳
(出典:2017-2030年国家飲料水政策)

また水道が敷設されている家庭の州別の内訳は下表の通りで、全国では92.5%に達している。

表 コスタリカでの上水道接続率
(出典:2017-2030年国家飲料水政策)

戸数 水道接続率(%
San José 400,961 96.6
Alajuela 236,927 94.8
Cartago 130,464 96.7
Heredia 122,410 93.8
Guanacaste 92,584 88.7
Puntarenas 119,302 85.1
Limón 109,316 77.3
合計 1,211,964 92.5

2017-2030年国家飲料水政策は、以下のサイトからダウンロード可能。
https://www.aya.go.cr/Noticias/Documents/AyA%20Pol%C3%ADtica%20Nacional%20de%20Agua%20Potable%20de%20Costa%20Rica%202017-2030.pdf

タグ「, 」の記事:

2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年3月23日
中国水利部、「2020年水土保全業務要点」を発表――生産や建設における水土保全関連法規への違反行為を厳しく処罰し、「ブラックリスト」に加えるなど信用管理を実施
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり