メキシコの上下水会社組合ANEAS、韓国大使館主催の産業と環境政策に関するB2Bセミナーに参加し、韓国民間企業と情報交換

メキシコの上下水会社組合ANEASは2018年7月24日、在メキシコ韓国大使館がメキシコシティで開催したB2Bセミナーに招待されて出席したと、同組合のウェブサイトで紹介した。セミナーは、「メキシコと韓国における産業開発と環境政策」と、「環境産業における国際協力」の2部で構成された。

前半の「メキシコと韓国における産業開発と環境政策」の部では、メキシコ政府側からは水委員会CONAGUA、国家エコロジー及び気候変動庁が参加し、固形廃棄物管理や汚水処理に関するこれまでの政府の主な実績と、これらの分野における課題が議論された。

後半の「環境産業における国際協力」の部では、韓国の主要企業3社により、炭素排出削減プロジェクトや、排水処理におけるバイオテクノロジー、埋め立て廃棄場の修復と削減プロジェクトが紹介された。これらの企業は、両国の協力体制を確立して、国家の環境政策とベストプラクティスを効果的に相互で共有することが必要である点を強調した。

このB2Bセミナーでは、民間企業と招待者が、各分野の主要企業や運営者との個別面談を実施し、両国のビジネス関係の強化に興味を示した。また地方政府や環境問題に携わるセクターとの協力関係を確立する必要性が強調された。

タグ「, 」の記事:

2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり
2020年2月1日
ラ米ではPPPによる上下水部門への民間の参加が必要だが、法整備などの面で課題あり