アンデス開発公社CAF、南米主要国の上下水道普及状況や課題をまとめた報告書を発表

アンデス開発公社CAFが、アルゼンチン、チリ、エクアドル、ボリビア、ウルグアイ、コロンビア、パラグアイ、ペルー、ベネズエラの9ヶ国の、上下水の普及状況や課題をまとめた報告書*1によると、南米では近年上下水普及率は大幅に改善し、殆どの主要都市では安定したサービスの供給が実現しているが、調査した国の全体では、1440万人が質の良い飲料水へのアクセスが、3240万人が衛生施設へのアクセスがない状態となっている。また飲料水サービスも、一日24時間・週7日継続して提供されていないところが、地方や都市周辺の低所得層居住地区で見られる点が、報告書では指摘されている。

今後の課題として同報告書では、普及率だけでなく、サービスの質の改善や、特に農村部でのサステナブルな料金設定、都市の大きさや特徴に即したプロジェクトファイナンスの設定が指摘されている。以下に主な数値を示す。

国別の飲料水普及率

f-058001a
図 中南米地域における国別の飲料水普及率(単位:%)
(出典:中南米における飲料水および衛生施設の普及状況)

コロンビア、エクアドル、ベネズエラ以外の国で、国連の2015年の目標値を達成している。コロンビア、エクアドルは、近年の実績と予定では、2015年には国連の目標値を達成する見込みとなっている。

国別の衛生施設普及率

f-058001b

ボリビア、ブラジル、コロンビア、エクアドル、パラグアイ、ベネズエラは、2015年の国連の目標値を達成していないが、コロンビアは経済が堅調で上下水道普及事業が進んでおり、2015年中には目標値が達成できると見込まれている。

(参考)各国の都市人口比率

2015年中盤の人口(単位:1000人)
都市部人口 農村部人口 人口合計 都市人口比率
アルゼンチン 38,677 3,477 42,155 91.75 %
ボリビア 7,553 3,471 11,025 68.51 %
チリ 16,047 1,877 17,924 89.53 %
コロンビア 37,858 11,671 49,529 76,44 %
エクアドル 10,343 5,883 16,226 63.74 %
パラグアイ 4,196 2,837 7,033 59.67 %
ペルー 24,495 6,666 31,161 78.61 %
ウルグアイ 3,269 161 3,430 95.31 %
ベネズエラ 27,848 3,445 31,293 88.99 %

 

*1 http://scioteca.caf.com/bitstream/handle/123456789/788/CAF%20Universalizacion%20Agua%20Potable%20America%20del%20Sur.pdf?sequence=1&isAllowed=y

タグ「, 」の記事:

2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり
2020年2月1日
ラ米ではPPPによる上下水部門への民間の参加が必要だが、法整備などの面で課題あり
2020年1月22日
米NY州、飲み水中のPFOAなど汚染物質の最大許容濃度を定める規則制定案を公告