「BASF」の水ビジネス動向

BASFについて:

ドイツのルートヴィッヒスハーフェン(Ludwigshafen)に本社を置き、グループ全体で約11万1,000人の従業員を擁する世界最大の化学会社である。2012年の売上は787億ユーロ(約9兆6000億円)。水分野を担当するBASF Water Solutionsは、都市や工業用水処理の主要工程で使われる製品を扱う。また同社の製品には、淡水化施設、冷却塔、ボイラーなどを保護するものもある。

このページでは「BASF」の水市場動向に関する記事(6件)をまとめています。

» 速報配信記事(新着情報)
» 国・地域別記事一覧
» 企業別記事一覧
» 法規制文書(日本語版和訳)、各種報告書
» タグ(記事テーマ)別、記事一覧

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。


  • Suez、中国における石油・ガス及び石油化学セクター大手と廃水処理に関する3つの契約を締結

  • BASF、カナダにおける独占販売権をCCCと契約

  • BASF、業務効率化に向けて水処理事業と石油・鉱業事業を統合

  • BASF、世界的規模となる水処理用化学品の生産工場を中国・南京で稼働――アジアでの展開を加速

  • BASF、採掘技術研究開発のグローバル・センターをオーストラリアに開設―水の再利用も主要テーマ
  • ,
    BASF、UF膜モジュール・メーカーのinge watertechnologiesを買収

本ページは、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」で配信中の記事の一覧です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査