速報配信記事(新着情報)

水ビジネス・ジャーナルの速報として配信した記事(2014年7月以降)を一覧で表示しています。

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。

  • ,
    独のMANN+HUMMEL、濾過技術のSeccua Holding AGの株式を取得

  • 仏企業Mascara Renewable Water、220万ユーロの追加資金を獲得――小型脱塩装置事業の拡大を目指す

  • ラテンアメリカ淡水化及び水の再使用協会ALADYR、ペルーでの淡水化推進を強調

  • 米ウィスコンシン州、PFAS試験プログラムを開始

  • 中国9つの行政機関、「農村生活汚水対策の推進に関する指導意見」を発表――悪臭汚水対策など8つの重点課題を打ち出す
  • ,
    インド連邦政府、全住民への安全且つ十分な飲料水の供給を優先事項として位置づけ

  • アイルランドEPA、汚水処理タンクの不備が住民の健康や環境被害のリスクをもたらすと警告
  • ,
    アブダビ、再生水の利用促進を掲げた新政策を施行
  • , ,
    米農務省、上下水道インフラプロジェクトに合計1億9,200万ドルを投資

  • 欧州理事会、農業灌漑への水再利用で大筋合意

  • ベトナム政令40/2019/ND-CPの詳細――貯水池の設置や排水の自動連続モニタリングなど

  • 中国水処理企業の「開能集団」、米GE社および仏Suez社と戦略的パートナーシップを締結

  • シンガポール、38社が排水違反のかどで処罰される

  • Dow、トレーサブル・ポリマー・システムの販売でModern Waterと提携

  • インド国家グリーン裁判所、TDSが1リットルあたり500 mg未満の地域でのROによる浄水を禁止――ROの乱用は水の大きな浪費につながるとの申立てに応えての決定

  • 世界銀行、仏ヴェオリア社のブラジル子会社に1年間の受注資格停止措置を適用――コロンビアでの入札における不正行為が原因
  • ,
    米NSF、PFOA及びPFOSの削減を対象とした2種類の水処理業界基準を改正

  • オクラホマ大主導の研究で、次世代下水処理・再利用システムに使えるマイクロバイオームの理解深まる

  • ブラジルの民間上下水道事業会社BRKアンビエンタル、産業汚水処理会社を7億8000万レアルで韓国のGS Inimaに売却
  • , ,
    中国生態環境部、「長江『3つのリン』特別調査整備行動実施計画」を発表――リン鉱、リン酸塩処理、リン石膏倉庫を重点に、長江流域で水環境汚染対策の強化を図る
  • ,
    中国生態環境部など、「都市汚水処理の品質・効果向上3カ年行動計画(2019~2021年)」を発表
  • ,
    中国国家発展改革委員会、水利部、「国家節水行動計画」を公布――2020年、2022年、2035年の3段階に分けた節水目標などを提示

  • 印ハリヤーナー州公害管理委員会、未処理廃水の放出および監視システムの未導入で14の産業ユニットに理由提示通知を発行

  • 米国NPO、家畜排せつ物がエリー湖流域におけるリン汚染深刻化の原因と報告
  • ,
    中国天津市・市場監督管理委員会、強制地方標準の「農村生活汚水処理施設の水汚染物質排出標準」(意見募集稿)を発表

  • 伊のDe Nora、米の石油・ガス関連水処理企業Neptuneを買収
  • ,
    NRDC、飲料水のPFAS化学物質の汚染問題解決に向けて、ミシガン州政府に提言

  • CDP水報告書、企業の水リスクの意識は高まるものの取水量は増加、統治改善を訴え

  • 中国生態環境部など5つの行政機関、「地下水汚染防止実施方案」を発表

  • 地域により異なる下水中の抗生物質耐性遺伝子数――欧州7ヵ国の調査で判明

  • ベトナム、環境汚染の危険性を理由として染色工場の新規プロジェクト申請を却下

  • ドイツ、河川の微量物質削減のためのパイロット対策で環境省と関係団体が合意

  • インドのArvind、水処理のコンポーネントとO&Mサービスを新事業部門“KaiGO”で開始

  • 水計測機器のIn-Situ、水の自動化学分析システムのChemScanを買収

  • 欧州委員会、医薬品による環境リスクについて報告書
  • ,
    Black & Veatch、全米50都市の上下水道サービス料金の比較と料金形態に関する調査報告書を発表

  • 米Jacobs、インド排水リサイクル施設の建設に向けた技術支援を目的としてSCEと提携

  • チリ銅開発局、国内銅鉱山の海水使用は2029年までに230%増加と発表

  • 独国企業Boreal Light、ケニアに太陽光発電脱塩ポイントを新たに19箇所建設へ

  • チリ水一般局、銅鉱山開発地域での淡水使用禁止区域を30ヵ所から70ヵ所に増やすと発表
  • ,
    米NASEM、EPAの雨水管理許認可プログラムの更新を提言

  • 中国生態環境部、「地下水環境モニタリング技術規範」(パブコメ版)など7本の国家環境保護標準(HJ)を発表

  • 淡水化の廃液を資源として有効利用へ――ブラインを有用な化学物質に変えて淡水化の効率を上げる技術をMITが開発

  • チリのTrend社、アタカマ州の初期投資5億米ドルのモジュラー型淡水化プラントプロジェクトのSPC設立パートナーを募る

  • Gradiant、インド国内の4件に及ぶ排水処理プロジェクトを実施へ