ドイツ環境省、化学部門等のBAT結論を実施する第10次排水令改正原案を発表

ドイツ連邦環境省が2019年11月22日、第10次排水令改正原案を発表した。本改正案はまだ閣議決定にいたっていない。

本改正案は基本的にEU産業排出物指令2010/75/EU(IED)の一部を国内法化するとともに、以下の排水分野のBAT結論を国内実施するものである。

  • 化学部門の廃水/排ガス共同処理・管理システムに関連するBAT結論(2016年5月30日の欧州委員会の実施決定(EU) 2016/902)
  • 非鉄金属産業に関するBAT結論(2016年6月13日の欧州委員会の実施決定(EU) 2016/1032)
  • 木材パネル生産分野に関連するBAT結論(2015年11月20日の欧州委員会の実施決定(EU) 2015/2119)

IEDの目的は、環境汚染の総合的な回避と低減であり、とりわけ水域への排出の回避と低減を重視している。BAT結論に関する実施決定は、IED第13条第5項に基づく所定の規制手続きにのっとって下されている。BAT結論は、次の要件を含んでいる。

  • 下水処理施設運転事業者に対するBATに基づく全般的な要求事項
  • 下水に対する排出制限値の導入
  • 個々の排水パラメータのモニタリングに対する要求事項

EUでは、IED指定産業施設に対し、高いレベルで環境を総合的に保護するため、BAT(利用可能な最高水準の技術;best available technologyを活用するよう義務付けている。BATとは、「事業の展開やその運営方法において、最も効果的で進んだ段階にあるテクノロジーのことで、排出制限値やその他の許可条件の根拠となる特定のテクノロジーを現場で適切に運用することをいう(要旨)」(IED第3条の(10))。

BATの決定基準は、IED附属書III(BAT決定基準)に列挙されている。BATの細目は、産業部門ごとに、欧州委員会の専門組織である欧州IPPC事務局が作成し、「BAT参照文書(BREF」として発行している。BREFには、産業部門ごとの汚染排出基準が盛り込まれている。許認可当局に対して、事業場建設と運転の許可条件を定める際、参照すべき基準としてBREFの活用を義務付けている。

タグ「」の記事:

2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進
2020年4月3日
中国河北省人民政府、「河北省河川・湖保護および整備条例」を公布し施行――飲用水源保護区内での汚染物質排出口の設置など8種類の禁止行為について規定