「IBM」の水ビジネス動向

IBMについて:

米国ニューヨーク州アーモンクに本社を置く、コンピュータ製品およびサービスを提供する会社。水ビジネスでは、主に上下水道におけるITを利用した先進的な管理サービスをおこなっている。これにより、リアルタイムでの流量管理が可能となり、水道運営の効率性が向上する。着実に世界各地で実績を上げており、最近ではインドの上下水道でもIBMのサービスが導入された。

このページでは「IBM」の水市場動向に関する記事(12件)をまとめています。

» 速報配信記事(新着情報)
» 国・地域別記事一覧
» 企業別記事一覧
» 法規制文書(日本語版和訳)、各種報告書
» タグ(記事テーマ)別、記事一覧

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。

  • ,
    VeoliaとIBM、都市向け水・エネルギー・廃棄物サービスの刷新に新たなデジタル・アーバン・ソリューションの提供で提携

  • Dow Water & Process Solutions、顧客向けアプリにIBMクラウドを採用 – 水処理のモデリングをより速く、効果的に

  • IBMとWaterfundの水原価指標、ウガンダがアフリカで初の採用

  • IBMとWaterfund、世界各地の水原価指標の開発で提携

  • 米国企業、節水はいまや存続を左右する問題

  • IBM、サウジアラビアの研究機関と共同で淡水化プラントを建設

  • IBMが南仏で高度なコンピュータ技術を駆使して洪水研究を行うセンターを設立

  • アメリカでIBMの参加による「スマート・ウォーター・グリッド」の試みが始まる

本ページは、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」で配信中の記事の一覧です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査