Veolia、チェコでレストランの水道水提供促進キャンペーン ――ボトルウォーターに替わる選択肢として

2009年5月14日付のThe Prague Post紙が報じたところによると、Veolia Waterのチェコ法人であるVeolia Voda Czech Republicはチェコの全土で、レストランでの水道水の提供を無料または低価格でおこなうキャンペーンの先行実施をはじめた。このキャンペーンは2009年の夏に正式に開始されることになっている。

これは、ボトル・ウォーターに替わる健康的かつ経済的な選択肢であるとともに、環境にもよい選択肢として水道水の利用を推進しようという試みである。

チェコ環境省のJakub Kašpar報道官は、チェコ全土にわたって水道水は安全であり、ボトル・ウォーターと同様に飲用可能であるとした上で、つぎのように述べている。「われわれは、国民が水道水を常飲し、(ボトル・ウォーターよりも)水道水を選ぶことを推奨する。なぜなら、それは倹約になるばかりでなく、ボトルを生産するのに必要な大量のエネルギーを節約し、廃棄物を減らすことにもなるからだ」

Veoliaの広報担当Marcela Dvořakováは、同社の市場調査の結果として、チェコ人の86%がレストランで水道水が出るのならばそれを注文し、低額ならば有料でもよいと答えていることを明らかにした。しかし、回答者の77.6%は、水道水を客に出すレストランの名前を挙げることができなかった。Dvořaková広報担当はこう述べている。「われわれは、レストランやカフェーがまた水道水を客に出すようにしたいのだ」

タグ「」の記事:

2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり
2020年2月1日
ラ米ではPPPによる上下水部門への民間の参加が必要だが、法整備などの面で課題あり