パラグアイ公共事業・通信省の上下水道局長、上水道普及率75%と下水処理率50%を目指した2018年までの24億ドルの投資計画を発表

パラグアイ公共事業・通信省の上下水道局長は、2018年までに下水道網普及と下水処理率を50%、上水道普及率を75%とすることを目標とする、投資総額24億2000万ドル(約2460億円)の上下水道整備プロジェクト計画及び、チャコ・セントラル上水道などの現在進められているプロジェクトの進捗報告を発表した。

 

今後の主なプロジェクトとしては、投資額300万ドル(約3億510万円)の首都アスンシオン市及び近郊の下水道及び汚水処理プラントや、投資4億2000万ドル(約427億円)のイパカライ湖周辺地域の下水処理、ユキリ川の汚水処理プラント、ブラジルとの国境近くのシウダー・デル・エステ市などの上下水道サービス網近代化、都市部の河川の浚渫など、5つのメガプロジェクトが挙げられている。これらのプロジェクトにより、2万8千人の直接雇用が創設され、人口257万人をカバーする51万4800世帯に下水道が届き、人口310万人をカバーする62万世帯の汚水が処理されることになる。

 

現在進行中のプロジェクトに関しては、チャコ・セントラルの上水道建設の他、国際復旧開発銀行の300万ドル(約3億510万円)の融資によるアスンシオン市の下水道修復プロジェクトや、現在入札中のビジャ・エリサの汚水前処理プラント建設プロジェクトなどが紹介された。上下水道局長は、近年上下水インフラ事業は大きく進んではいるが、目標達成の為には民間の投資が重要である点を認めている。

 

尚2014年4月11日に米国ワシントンで開催された「万人の為の衛生と水パートナシップ(SWA)」の第3回会議に出席した公共事業・通信大臣は、2030年までに上下水道普及率を100%とすることを約束した。パラグアイは、ラテンアメリカ・カリブ諸国で唯一のSWA加盟国であり、現在の下水道普及率はわずか11%、下水処理率は3%に過ぎない。政府の2013-2018年計画では、貧困の削減と経済発展の為には健康な国民が必要であるという観点から、保健衛生部門が持続可能な開発の為の重要なファクターと位置付けられており、ラテンアメリカで最も低い上下水サービス普及率向上と、都市の貧困層地区や農村に住むインディオ系住民の不平等な生活の改善が、現政権の大きな課題となっている。

 

国際通貨基金IMFは、パラグアイの2014年度の経済成長率を4.8%と予測し、中南米地域で3番目の経済成長国として位置付けている。この数値は、パラグアイ中央銀行の予測値4.5%とほぼ同じである。

タグ「, , 」の記事:

2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年3月23日
中国水利部、「2020年水土保全業務要点」を発表――生産や建設における水土保全関連法規への違反行為を厳しく処罰し、「ブラックリスト」に加えるなど信用管理を実施
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり
2020年2月1日
ラ米ではPPPによる上下水部門への民間の参加が必要だが、法整備などの面で課題あり