米環境保護庁、人々の健康守るための水質判定基準の最新版を発表

米国環境保護庁(EPA)は2015年6月、94種の化学汚染物質について、人々の健康を守るための最新の「水質判定基準」(WQC)*1を発表した。このWQCは、水質浄化法(CWA)に基づいて水質基準を定める権限を持つ州や部族の政府への勧告である。

今回のWQCで最新の科学情報とEPAの政策を反映した項目は、次のとおりである。

体重

EPAは、1999~2006年の全米健康栄養調査(NHANES)*2に基づいて、WQCのための21歳以上の人々の体重の初期値(default)を、それまでの70 kgから80 kgに引き上げた。

飲料水消費率(drinking water consumption rate):

EPAは、2003~2006年のNHANESに基づいて、飲料水消費率の初期値をそれまでの2 L/日から2.4 L/日に変更した。これは、21歳以上の大人の第90百分位数(90th percentile)における1人当たりの地域社会の水分摂取推定値を示している。

魚類消費率(fish consumption rate):

EPAは、2003~2010年のNHANESに基づいて、魚類消費率の初期値をそれまでの17.5g/日から22 g/日に変更した。これは、21歳以上の大人の内水や沿岸海域で取れた魚介類の第90百分位数(90th percentile)消費率を示している。

生物蓄積係数(BAF:bioaccumulation factor):

BAFは、すべての潜在的曝露経路からの水生生物に蓄積された化学物質を示すものであるが、EPAのMethodology for Deriving Ambient Water Quality Criteria for the Protection of Human Health (2000)*3では、可能な場合、測定あるいは推定されたBAFを用いることを重視している。生物濃縮係数(bioconcentration factor)と違って、BAFは水との直接の接触以外の曝露経路も説明するものである。結果的に、新たなWQCは、人々の健康に影響する汚染物質への曝露をよりよく示すことになる。

健康毒性値(health toxicity value):

EPAは、最新のWQCを作成するために、非発がん性・発がん性の毒物学的影響に関するすべての利用可能な毒性値を検討した。同庁の統合リスク情報システム(IRIS)が、今回の改正のための参照用量(reference dose)とがん傾斜因子(cancer slope factor)の主な情報源である。

相対発生源寄与(RSC:relative source contribution):

EPAは、同庁のMethodology for Deriving Ambient Water Quality Criteria for the Protection of Human Health (2000)に記載されている「曝露デシジョンツリー(Exposure Decision Tree)」アプローチに従って、各化学物質特有のRSCを20 %から80 %の範囲で反映するためにWQCを改正した。ほかに潜在的な曝露源がある場合、RSCによって参照用量の曝露の一定の割合が周囲水や魚類(内水や沿岸海域で取れた魚介類を含む)の消費に帰するようになるため、EPAは、限界非発がんあるいは非線形発がん物質のWQCを作成する際、RSCを盛り込むよう勧告している。このアプローチを取るのは、WQCの目的が、すべての汚染物質発生源による個人の全曝露がWQCを上回らないよう保証することにあるからである。

WQCの対象となる94物質

化学物質名
(和名)
CAS No. 下記の消費について
人々の健康を守るための
水質判定基準
水と生物
(μg/L
生物のみ
(μg/L
1,1,1-Trichloroethane
(1,1,1-トリクロロエタン)
71–55–6 10,000 200,000
1,1,2,2-Tetrachloroethane
(1,1,2,2-テトラクロロエタン)
79–34–5 0.2 3
1,1,2-Trichloroethane
(1,1,2-トリクロロエタン)
79–00–5 0.55 8.9
1,1-Dichloroethylene
(1,1-ジクロロエチレン)
75–35–4 300 20,000
1,2,4,5-Tetrachlorobenzene
(1,2,4,5-テトラクロロベンゼン)
95–94–3 0.03 0.03
1,2,4-Trichlorobenzene
(1,2,4-トリクロロベンゼン)
120–82–1 0.071 0.076
1,2-Dichlorobenzene
(1,2-ジクロロベンゼン)
95–50–1 1,000 3,000
1,2-Dichloroethane
(1,2-ジクロロエタン)
107–06–2 9.9 650
1,2-Dichloropropane
(1,2-ジクロロプロパン)
78–87–5 0.90 31
1,2-Diphenylhydrazine
(1,2-ジフェニルヒドラジン)
122–66–7 0.03 0.2 
1,3-Dichlorobenzene
(1,3-ジクロロベンゼン)
541–73–1 7 10
1,3-Dichloropropene
(1,3-ジクロロプロペン)
542–75–6 0.27 12
1,4-Dichlorobenzene
(1,4-ジクロロベンゼン)
106–46–7 300 900
2,4,5-Trichlorophenol
(2,4,5-トリクロロフェノール)
95–95–4 300 600
2,4,6-Trichlorophenol
(2,4,6-トリクロロフェノール)
88–06–2 1.5 2.8
2,4-Dichlorophenol
(2,4-ジクロロフェノール)
120–83–2 10 60
2,4-Dimethylphenol
(2,4-ジメチルフェノール)
105–67–9 100 3,000
2,4-Dinitrophenol
(2,4-ジニトロフェノール)
51–28–5 10 300
2,4-Dinitrotoluene
(2,4-ジニトロトルエン)
121–14–2 0.049 1.7
2-Chloronaphthalene
(2-クロロナフタレン)
91–58–7 800 1,000
2-Chlorophenol
(2-クロロフェノール)
95–57–8 30 800
2-Methyl-4,6-Dinitrophenol
(2-メチル-4,6-ジニトロフェノール)
534–52–1 2 30
3,3-Dichlorobenzidine
(3,3-ジクロロベンジジン)
91–94–1 0.049 0.15
3-Methyl-4-Chlorophenol
(3-メチル-4-クロロフェノール)
59–50–7 500 2,000
Acenaphthene
(アセナフテン)
83–32–9 70 90
Acrolein
(アクロレイン)
107–02–8 3 400
Acrylonitrile
(アクリロニトリル)
107–13–1 0.061 7.0
Aldrin
(アルドリン)
309–00–2 0.00000077 0.00000077
alpha-Hexachlorocyclohexane (HCH)
(アルファ-ヘキサクロロシクロヘキサン)
319–84–6 0.00036 0.00039
alpha-Endosulfan
(アルファ-エンドスルファン)
959–98–8 20 30
Anthracene
(アントラセン)
120–12–7 300 400
Benzene
(ベンゼン)
71–43–2 0.58–2.1 16–58
Benzidine
(ベンジジン)
92–87–5 0.00014 0.011
Benzo(a)anthracene
(ベンゾ[a]アントラセン)
56–55–3 0.0012 0.0013
Benzo(a)pyrene
(ベンゾ[a]ピレン)
50–32–8 0.00012 0.00013
Benzo(b)fluoranthene
(ベンゾ[b]フルオランテン)
205–99–2 0.0012 0.0013
Benzo(k)fluoranthene
(ベンゾ[k]フルオランテン)
207–08–9 0.012 0.013
beta-Hexachlorocyclohexane (HCH)
(ベータ-ヘキサクロロシクロヘキサン)
319–85–7 0.0080 0.014
beta-Endosulfan
(ベータ-エンドスルファン)
33213–65–9 20 40
Bis(2-Chloro-1-Methylethyl) Ether
(ビス(2-クロロ-1-メチルエチル)エーテル)
108–60–1 200 4,000
Bis(2-Chloroethyl) Ether
(ビス(2-クロロエチル)エーテル)
111–44–4 0.030 2.2
Bis(2-Ethylhexyl)Phthalate
(フタル酸ビス(2-エチルヘキシル))
117–81–7 0.32 0.37
Bis(Chloromethyl) Ether
(ビス(クロロメチル)エーテル)
542–88–1 0.00015 0.017
Bromoform
(ブロモホルム)
75–25–2 7.0 120
Butylbenzyl Phthalate
(フタル酸ブチルベンジル)
85–68–7 0.10 0.10
Carbon Tetrachloride
(四塩化炭素)
56–23–5 0.4 5
Chlordane
(クロルデン)
57–74–9 0.00031 0.00032
Chlorobenzene
(クロロベンゼン)
108–90–7 100 800
Chlorodibromomethane
(クロロジブロモメタン)
124–48–1 0.80 21
Chloroform
(クロロフォルム)
67–66–3 60 2,000
Chlorophenoxy Herbicide (2,4–D)
(クロロフェノキシ除草剤)
94–75–7 1,300 12,000
Chlorophenoxy Herbicide (2,4,5–TP) [Silvex] 93–72–1 100 400
Chrysene
(クリセン)
218–01–9 0.12 0.13
Cyanide
(シアン化物)
57–12–5 4 400
Dibenzo(a,h)anthracene
(ジベンゾ[a,h]アントラセン)
53–70–3 0.00012 0.00013
Dichlorobromomethane
(ジクロロブロモメタン)
75–27–4 0.95 27
Dieldrin
(ディルドリン)
60–57–1 0.0000012 0.0000012
Diethyl Phthalate
(フタル酸ジエチル)
84–66–2 600 600
Dimethyl Phthalate
(フタル酸ジメチル)
131–11–3 2,000 2,000
Di-n-Butyl Phthalate
(フタル酸ジ-n-ブチル)
84–74–2 20 30
Dinitrophenols
(ジニトロフェノール類)
25550–58–7 10 1,000
Endosulfan Sulfate
(エンドスルファンサルフェート)
1031–07–8 20 40
Endrin
(エンドリン)
72–20–8 0.03 0.03
Endrin Aldehyde
(エンドリンアルデヒド)
7421–93–4 1 1
Ethylbenzene
(エチルベンゼン)
100–41–4 68 130
Fluoranthene
(フルオランテン)
206–44–0 20 20
Fluorene
(フルオレン)
86–73–7 50 70
gamma-Hexachlorocyclohexane (HCH)
(ガンマ-ヘキサクロロシクロヘキサン)
58–89–9 4.2 4.4
Heptachlor
(ヘプタクロル)
76–44–8 0.0000059 0.0000059
Heptachlor Epoxide
(ヘプタクロルエポキシド)
1024–57–3 0.000032 0.000032
Hexachlorobenzene
(ヘキサクロロベンゼン)
118–74–1 0.000079 0.000079
Hexachlorobutadiene
(ヘキサクロロブタジエン)
87–68–3 0.01 0.01
Hexachlorocyclohexane (HCH)-Technical
(ヘキサクロロシクロヘキサン(工業銘柄))
608–73–1 0.0066 0.010
Hexachlorocyclopentadiene
(ヘキサクロロシクロペンタジエン)
77–47–4 4 4
Hexachloroethane
(六塩化エタン)
67–72–1 0.1 0.1
Indeno(1,2,3-cd)pyrene
(インデノ(1,2,3-cd)ピレン)
193–39–5 0.0012 0.0013
Isophorone
(イソホロン)
78–59–1 34 1,800
Methoxychlor
(メトキシクロル)
72–43–5 0.02 0.02
Methyl Bromide
(臭化メチル)
74–83–9 100 10,000
Methylene Chloride
(塩化メチレン)
09–2 20 1,000
Nitrobenzene
(ニトロベンゼン)
98–95–3 10 600
Pentachlorobenzene
(ペンタクロロベンゼン)
608–93–5 0.1 0.1
Pentachlorophenol
(ペンタクロロフェノール)
87–86–5 0.03 0.04
Phenol
(フェノール)
108–95–2 4,000 300,000
p,p′-Dichlorodiphenyldichloroethane (DDD)
(p,p′-ジクロロジフェニルジクロロエタン)
72–54–8 0.00012 0.00012
p,p′-Dichlorodiphenyldichloroethylene (DDE)
(p,p′-ジクロロジフェニルジクロロエチレン) 
72–55–9 0.000018 0.000018
p,p′-Dichlorodiphenyltrichloroethane (DDT)
(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)
50–29–3 0.000030 0.000030
Pyrene
(ピレン)
129–00–0 20 30
Tetrachloroethylene (Perchloroethylene)
(テトラクロロエチレン (パークロロエチレン))
127–18–4 10 29
Toluene
(トルエン)
108–88–3 57 520
Toxaphene
(トキサフェン)
8001–35–2 0.00070 0.00071
trans-1,2-Dichloroethylene (DCE)
(トランス-1,2-ジクロロエチレン)
156–60–5 100 4,000
Trichloroethylene (TCE)
(トリクロロエチレン)
79–01–6 0.6 7
Vinyl Chloride
(塩化ビニル)
75–01–4 0.022 1.6

 

なお、未解決の技術的な問題のため、EPAは、今回下記の化学汚染物質のWQCをアップデートしなかった。すなわち、antimony(アンチモン)、arsenic(ヒ素)、asbestos(アスベスト)、barium(バリウム)、beryllium(ベリリウム)、cadmium(カドミウム)、chromium(クロム) (IIIあるいはVI)、copper(銅)、manganese(マンガン)、methylmercury(メチル水銀)、nickel(ニッケル)、nitrates(硝酸塩類)、nitrosamines(ニトロソアミン類)、N-nitrosodibutylamine(N-ニトロソジブチルアミン)、N-nitrosodiethylamine(N-ニトロソジエチルアミン)、N-nitrosopyrrolidine(N-ニトロソピロリジン)、N-nitrosodimethylamine(N-ニトロソジメチルアミン)、N-nitrosodi-n-propylamine(N-ニトロソジ-n-プロピルアミン)、N-nitrosodiphenylamine(N-ニトロソジフェニルアミン)、polychlorinated biphenyls (PCBs)(ポリ塩化ビフェニル類)selenium(セレン)、thallium(タリウム)、zinc(亜鉛)、2,3,7,8-TCDD (dioxin)ダイオキシン)。

 

*1 http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2015-06-29/pdf/2015-15912.pdf

*2 全米健康栄養調査(NHANES:National Health and Nutrition Examination Survey):米国の人口構成を代表する人々々を対象とした健康調査で、米疾病管理センター(CDC)が実施している。

*3 http://water.epa.gov/scitech/swguidance/standards/upload/2005_05_06_criteria_humanhealth_method_complete.pdf

タグ「, 」の記事:

2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月14日
米EPA、プラスチック関連データ不足としてハワイ州不適合水域リストへの承認撤回
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進