パラグアイ、5年間で上下水インフラに23億米ドル投資すると発表

パラグアイの公共事業・通信大臣は2018年3月20日、ブラジルの首都ブラジリアで開催されている世界水フォーラムで、今後5年間で上下水インフラに23億米ドル投資すると発表した。

パラグアイでは、飲料水普及率は現在78%と大幅に改善したものの、まだ不十分であり、下水道網普及や汚水処理率も格差が大きい。水は経済成長や貧困率の減少、持続可能な環境理を達成する鍵であり、国家の持続可能な開発にとって重要な要素ととらえて政府は水部門を強化し、持続可能なサービスを達成するために必要な資金調達政策を進めていると大臣は述べている。なおパラグアイでは、2013年の国家開発計画で、2030までに上下水道網普及を100%とする目標を揚げている。

投資対象として、以下の上下水プロジェクトが予定されている。

タグ「, , 」の記事:

2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年3月23日
中国水利部、「2020年水土保全業務要点」を発表――生産や建設における水土保全関連法規への違反行為を厳しく処罰し、「ブラックリスト」に加えるなど信用管理を実施
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり