ジャマイカ首相、首都圏での1億6000万米ドルの水供給インフラへの投資を発表

2019年5月14日ジャマイカ首相は、キングストン首都圏のコーポレート・エリア地区とセント・キャサリン地区の水供給インフラの改善プロジェクトに1億6000万米ドル投資すると、国会で発表した。

プロジェクトには、官民提携(PPPによる、処理能力1500万ガロン/日の汚水処理プラント建設が含まれる。民間企業が資金調達、設計、建設、運営、及びメンテナンスを担当し、国家水庁(NWC)に水を販売する。投資額は6000万米ドルで、建設には24ヵ月を要するが、公共投資管理委員会(PIMC)の許可は既に取得済みであると、大統領は述べている。パートナーの民間企業は地方銀行及び水インフラの国際建設会社のコンソーシアムで、45日以内に政府との手続きを完了した上で、建設を開始する。

大統領によれば水供給インフラ改善プロジェクトは、首都圏の下水処理大手ソープベリー汚水処理プラントのオーナーである汚水処理会社Central Wastewater Treatment Company(CWTC)を有する国家水庁の85%の株の売却に続くものであると述べている。CWTCの残りの15%の株は、Ashtrom (Jamaica) Ltd社が所有している。キングストン首都圏には国全体の40%の人口が集中しているが、下水道普及率は40%となっている。

その他のプロジェクトでは、2.7kmにわたる古い鋳鉄の水道管の、新しい直径16インチのダクタイル鋳鉄への交換に1200万米ドル投資される他、3kmの直径16インチの送水管の敷設、老朽化して漏水している直径7インチの水道管を、1500万米ドルの投資で10kmにわたって直径12インチの新しいものへの交換が予定されている。また、500万米ドル投資による直径10インチの水道管の敷設や、直径24インチから36インチのダクタイル鋳鉄の送水管の12kmにわたる敷設、5kmにわたる直径24インチの送水管敷設などが、大統領から列挙された。

また大統領は5月21日には、農村部の水インフラ改善に4000万米ドルの投資を発表した。2020年から2025年の間に、水道管の修復と拡張、貯水タンクの設置、井戸の修復などが行われる。

ジャマイカでは地区により干ばつに近い状態が続いており、給水車による配水に追加予算がとられ、国家水庁が供給する飲料水を、芝生や庭の灌漑や、洗車、プールなどに使用することが禁じられ、違反の場合は起訴もあり得る措置がとられている。なおジャマイカの水道管による飲料水普及率は70%で、下水道普及率は15%にとどまっており、国家水庁は、2030年までに水道管普及率を85%、下水道普及率を25%とする目標をたてている。

タグ「, 」の記事:

2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年2月23日
米州水規制規制機関協会ADERASA、上下水法規に関する第12回イベロアメリカ・フォーラム開催
2020年2月1日
ブラジル・リオデジャネイロの上下水会社CEDAEの飲料水の水質問題で、民営化プロセスが困難になる可能性あり
2020年2月1日
ラ米ではPPPによる上下水部門への民間の参加が必要だが、法整備などの面で課題あり