チリ鉱業相、鉱山操業への脱塩水使用の義務化を否定

チリのAurora Williams鉱業大臣は2015年3月1日、トロントでひらかれたカナダ探鉱・開発協会(PDAC)の年次総会において、チリ政府が鉱山業者に対し、鉱山操業への脱塩水の使用を義務化する*1考えがないことを明確にして、不安を取り除く努力をしていると述べた。これは、途上国の市場でますます需要が伸びつつある鉱業界にとって、朗報といえるかもしれない。

この数十年間に、チリは途上国のなかでも最も鉱山操業がしやすい国という評判を築き上げてきた。しかし、近年、チリは途上国のなかでは依然としてひとつの標準モデルではあるものの、かつてほどは鉱山操業がしやすい国ではなくなったという声が、鉱山業者や、鉱業分野に詳しい銀行家のあいだから聞かれるようになってきた。

一部では脱塩水利用も必要

鉱山操業に使う水についてWilliams鉱業大臣は、海水を淡水化した脱塩水の利用が要求されるケースがこれまでにいくつかあったが、政府としてはそれを強制する計画はないとして、「脱塩水使用の義務化は現在、政府の検討対象にはなっていない」と述べた。

しかし、チリがきわめて長い海岸線をもつ細長い国であるという地理的条件を考えると、鉱山業者によっては脱塩水の利用を余儀なくされるケースがあるかもしれない。「これは、(政府ではなく)自然が要求していることだ」とWilliams鉱業大臣は語った。

*1 EWBJ53号に関連記事有り「チリ下院、鉱石採掘に脱塩水の使用を義務づける法案を審議中

タグ「, 」の記事:

2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進
2020年4月3日
中国河北省人民政府、「河北省河川・湖保護および整備条例」を公布し施行――飲用水源保護区内での汚染物質排出口の設置など8種類の禁止行為について規定