アルゼンチン、米州開発銀行の融資2億米ドルの上下水インフラへの投資を承認

アルゼンチン政府は2017年12月29日、米州開発銀行IDBの融資2億米ドルを、「ベルグラーノ計画」の上下水サービス開発部門への投資の一部にあてることを承認する、政令No.1120/2017[1]を公布した。ベルグラーノ計画は、2015年12月に現マクリ大統領が発表した、開発が遅れているアルゼンチン北部のサルタ、ジュジュイ、ラ・リオハ、カタマルカ、ミシオネス、コリエンテス、チャコ、フォルモサ、サンチアゴ・デル・エステロの10の県での社会投資プログラムで、4年間で約8.5億米ドルをインフラに投資する計画の他、25万人の住民向けの住宅プロジェクトなどが予定されている。

政令No.1120/2017で承認されたIDBの融資は、以下を目的とする上下水インフラ建設及び機関の体制強化や調査研究に使われ、プログラムの実施は公共事業・住宅省が管轄する。

  • 上下水サービス普及率を上げる。
  • 汚水処理により環境衛生条件を向上させる。
  • 上下水サービス会社の運営能力を改善する。

 

IDBの融資額は2億米ドルだが、アルゼンチン政府側からも7000万米ドルが拠出され、上下水プロジェクトは合計2億7000万米ドルのものとなる。融資金額の使途の内訳は、以下の通りとなっている(単位:百万米ドル)(IDBとの融資契約書No.4312/OC-AR付属書)。

使途内容 IDBの融資額 アルゼンチン政府拠出額 合計 %
インフラ建設 182.9 64.1 247.0 91.5%
機関の体制強化・調査研究 14.8 5.2 20.0 7.4%
プログラム管理 2.3 0.7 3.0 1.1%
合計 200.0 70.0 270.0 100%
74.0% 26.0% 100.0%

 

契約ではプロジェクトの選考基準として、人口1万5000人以上の地域を対象とすることや、地方政府やサービス事業者により建設したインフラの運営資金が確保されていること、インフラ建設工事実施前にプログラム実施計画書が承認されていること、IDBの環境基準でBまたはCのカテゴリーに分類されていることなどが挙げられている。

[1] https://www.boletinoficial.gob.ar/#!DetalleNorma/176951/20180102

タグ「, , 」の記事:

2020年6月14日
ロシアで2020年7月1日から新しい排水組成管理規則が施行される
2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進