「Grundfos」の水ビジネス動向

Grundfosについて:

グルンドフォス。デンマークに本社を置く、世界最大手のポンプ・メーカー。近年では水処理分野にも進出を始めており、2013年4月にはHyfluxの膜製造部門と提携を結び、UF膜を用いた水処理分野での展開を強化した。また最近では、途上国での水供給サービスの一環である“AQtap”という装置を開発した。

このページでは「Grundfos」の水市場動向に関する記事(10件)をまとめています。

» 速報配信記事(新着情報)
» 国・地域別記事一覧
» 企業別記事一覧
» 法規制文書(日本語版和訳)、各種報告書
» タグ(記事テーマ)別、記事一覧

記事の閲覧方法について:
会員の方はログイン後に下記の記事へのリンクが有効になります。
水ビジネス・ジャーナルについて、「サービス案内・ご購読」はこちらです。
是非とも採用をご検討ください。


  • Grundfos、P4Gの資金を得てベトナムで水の官民パートナーシップ事業を展開

  • Grundfos、米消費者と水道事業者との間で水問題に対する認識に大きな隔たりがあると発表

  • Grundfos、低エネルギーのAQpure浄水システムをタイで実地テスト

  • Grundfos、アフリカなどで水のATM式販売を試行

  • Grundfos 、衛生ポンプのHilgeをGEAに売却

  • Grundfos社のインド市場における3つの開発戦略

  • Grundfos、殺菌技術のISIAを買収

  • Hyflux、中国における収益が落ち込む――要因は中国市場の鈍化と報告
  • ,
    デンマークのGrundfos、アメリカのEnaquaを買収―UV殺菌と膜技術を強化

本ページは、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」で配信中の記事の一覧です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査