Siemensの水事業部門の売却に対して米ゴールドマン・サックスがアドバイザーに選ばれる

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,122件(2017年6月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

独Siemensが水技術部門の売却に関するアドバイザーとして米金融大手ゴールドマン・サックスを選んだと、2013年1月28日にロイターが報じた。売却については、2013年第2四半期に公式に発表される見通しであるという。

ドイツ最大級の時価総額を誇り、高速鉄道やガスタービンから補聴器まで多岐に及ぶ製品を扱うSiemensは、2012年11月、年間売上約10億ユーロ(約1210億円)に達する水事業部門を売却する予定であることを発表した。これ以降、様々な入札候補企業がSiemensに接触し、複数の投資銀行がこの話題に取り掛かり始めた。

Siemensの水事業の多くは北米に集中しているため、米国に拠点を置くXylemやPentairが興味を持っているのではと複数の業界筋は見込んでいる。一方、その中からは「アジアの企業もこの競争に参加するだろう」という声も聞こえている。アジアでは急速な経済成長、気候変動の影響、人口増加、そしてエネルギーおよび水関連の規制強化が起きており、今後の水処理装置への莫大な投資が見込まれている。このため栗田工業、Hyflux、日立製作所、丸紅といった企業を潜在的な入札候補として予想する人物もいる。さらにKKR、Bain、Permiraなどのプライベート・エクイティもこの話題に関心を示しているという。Permiraは2011年に、灌漑用機器メーカーであるイスラエルのNetafimを8億ユーロ(約968億円)で買収している。

この10年の間にSiemensは相次いで買収を行い、水事業部門を構築してきた。その一連の買収の中には、2004年に行われたVeolia Environment傘下のUS Filterの水システム・サービス部門の約10億ドル(当時は約1100億円に相当)にのぼる買収も含まれる。

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「」の記事:

2017年5月9日
Evoqua、Noble Water Technologiesを買収
2017年4月27日
RWL Water、Emefcyとの戦略的提携を発表
2017年3月31日
中国葛洲覇集団(CGGC)、ブラジルの水道ユーティリティの買収を皮切りに同国への本格進出を計画
2017年3月21日
投資会社EQT Mid Market US、スマートウォーター関連企業のInnovyzeを買収へ
2017年3月8日
Suez、GE水処理事業を買収へ――買収額は32億ユーロ