ドイツGWPが設立5周年――ドイツ企業の世界水市場進出に確かな手ごたえ

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,311件(2018年4月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

ドイツのジャーマンウォーターパートナーシップ(GWP)が設立5周年を迎え、これまでの歩みを総括した“Networking is our Business”と題する英文冊子を発行した(以下のリンクに掲載)。
http://members.germanwaterpartnership.de/fileadmin/pdfs/gwp_materialien/networking_is_our_business.pdf
GWPは、世界水市場でのドイツの立場を強めるため、2008年4月8日に発足した。ドイツの水企業、水研究機関、上下水道組合等が進める官民合同の戦略的イニシアチブであり、政府5省(研究、経済、環境、国際協力、外務各省)も参加している。
冊子によると、当初130団体で出発した会員数も、2012年12月現在、362団体へと増加した。会員へのアンケートによると、この間、GWPに参加することで「期待が(一部でも)満たされた」と回答した者は全体の81%にも達した。また、「他の会員とこれまでどういう協力を進めたか」との質問で、最も多かったのが「事業」そのもので33%、次が「情報・経験の交換」17%、「ビジネスコンタクト」16%と続いた。

GWPは2009年、国際進出事業を差別化し、“とくに有望”とみなされる国や地域にターゲットを絞ることにした。現在、15の地域部門が設置され、それぞれ1国1地域を担当する体制になっている。それは次の4つのグループに分類できる。

  • 米州/アフリカ部(ブラジル、メキシコ、アフリカ諸国)
  • 欧州部(ロシア、欧州南東部、トルコ、ウクライナ)
  • 中東部(エジプト/ヨルダン、湾岸諸国、イラン、マグレブ)
  • アジア部(中央アジア、中国、インド、ベトナム)

GWP自ら「ベストプラクティス」として紹介している実績は次のとおりである。

  1. 中国―人口急増の都市圏におけるセミ集中管理方式の上下水道システムの普及
  2. ベトナム―工業団地向けの総合的下水処理計画の推進
  3. シンガポール―実証済みの土管を使った曲がり水道配管の敷設
  4. モンゴル―下水処理施設と灌漑設備の整備
  5. イラン―伝統的な大量の水消費行動の改善
  6. パレスチナ―上下水道の整備を通じた平和への貢献
  7. ロシア―2014年ソチオリンピックに向けた下水処理施設の建設
  8. ブラジル―分散的な飲料水浄化システムの構築
  9. チリ―河川の水資源データの収集と農業用水の分配を統合するシステムの運用
  10. 南アフリカ―オリファンツ川河口流域での総合的水資源管理方式の確立
  11. ヨルダン―誘導管オーガーボーリング技術の移転
  12. モロッコ―下水処理施設と灌漑設備の整備

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「」の記事:

2014年10月31日
ドイツGWP、水部門の能力開発ガイドラインを発行――現地人材育成をマニュアル化
2014年7月3日
ドイツGWPの2014年次大会、「グローバル水市場への攻勢」を全面アピール
2014年7月3日
ドイツGWPの2014年次大会、「グローバル水市場への攻勢」を全面アピール
2013年12月1日
GWP、北米地域部門を設立――メキシコ地域部門と統合しアメリカ大陸での事業を強化
2013年10月22日
ジャーマン・ウォーター・パートナーシップ、インドに進出――第1回大会を開催