Pentair、バルブ・制御事業を31億5000万ドルでEmerson社に売却

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,363件(2018年7月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

水ビジネス企業Pentair(本社:英国マンチェスター市)は2016年8月18日、自社が展開するバルブ・制御事業部門(Valves & Controls)を、世界的なエンジニアリングサービスプロバイダEmerson(本社:ミズーリ州セントルイス市)へ、現金31億5000万ドル(約3195億円)で売却すると発表した。同取引は、慣習的な手続きと規制当局の承認が必要となり、2016年末または2017年初頭に取引完了を目指している。Pentair会長兼CEOのRandall J. Hogan氏は、「今回の売却取引を通じて、自社戦略の進展、成長促進、リソースの集中といった、将来成長の鍵となるこれらの3つの目標を達成できることに、弊社は期待を寄せている」と述べた。

Pentairは2012年、Tyco International傘下の子会社Flow Control(本社:ワシントン州ウッドインビル市)の株式買収を通じて、バルブ・制御事業を取得した*1。2015年時点における同事業収益は18億ドル(約1825.6億円)に達する。Hogan氏は、「献身的な従業員の懸命な働きにより、バルブ・制御事業の収益や株主の利益が劇的に拡大した。また、Flow Controlの買収を通じて、更なる成長戦略の実現に向けた資本構成の構築と規模拡大を可能にした」と強調した。

バルブ・制御事業の売却後、Pentairの事業部門は、水質システム、流量及びろ過ソリューション、技術ソリューションといった3部門へ集約化される。今回の事業集約化は、水質・水利用の改善、機材及び建物の保護、産業及び処理の効率性向上、飲料品の加工などに対してソリューションを提供することで、世界の顧客ニーズへ対応することにある。Hogan氏は、「集約型多角化戦略を通じて、資本の集中と成長機会の創出、強固なバランスシートの活用が実現可能となる」と述べた。

 

EnviXコメント

Pentairは、これまでにM&Aによって拡大を続けてきた企業である。Pentairの2003年以降の年間売上の推移をまとめたデータが下図であるが、2007年~2009年は下降傾向であるものの、2009年から2013年にかけては急激に拡大を進めてきた。この急成長の要因のひとつがM&Aであり、代表的なものとしては、2010年のブラジルHidro Filtros do Brasil社の買収*2、2011年のNorit社のClean Process Technologies部門の買収*3、そして、2012年のTyco International社のFlow Control買収である。

f-060004a
図 Pentairの年間売上推移(単位:million $)
(出典:Pentair Annual Reportよりエンヴィックス作成)

買収によって売上拡大と事業の多角化を進めてきたPentairだが、2013年以降は停滞気味であり、近年はM&Aはもちろんのこと、大きなニュースなどが全く報じられてこなかった。こういった状況下において、今回のバルブ・制御事業部門の売却が発表された。売却の理由のひとつには「リソースの集中」が挙げられているが、事業部門の拡大と、それにともなう従業員の増加、展開地域の拡張などによって、全社的な管理体制が十分に機能していなかったのではないかと考える。そのために社内のリソースが分散され、不都合が生じていたものと推測される。

また、今回のような事業部門の見直しは、なにもPentairに限ったことではない。Siemens*4やBilfinger*5も近年、水事業部門を売却してきた。いずれの企業も他社を買収することで事業の多角化を図ってきたが、最終的にはそれらを手放す形となった。水ビジネスにおけるM&Aの難しさが、これらの事例からもうかがえる。

参考までに、2015年のPentairのバルブ・制御事業部門の売上は18億4000万ドルで、Pentair全体の約3割をしめている(下図)。また、同事業部門の地域別の売上内訳では、北米が29%、新興国が38%、西ヨーロッパが23%、その他先進国が10%となっている。

f-060004b
図 Pentairの2015年売上の事業部門別内訳
(出典:Pentair Annual Report 2015よりエンヴィックス作成)

f-060004c
図 Pentairバルブ・制御事業部門の2015年売上の地域別内訳
(出典:Pentair Annual Report 2015よりエンヴィックス作成)

*1 EWBJ42号に関連記事あり「Pentair、Tyco Flowを吸収して年商80億ドル規模の企業に

*2 EWBJ37号に関連記事あり「Pentair、フィルター・メーカーのHidro Filtros do Brasilを買収

*3 EWBJ38号に関連記事あり「Pentair、NoritのClean Process Technologies部門を買収

*4 EWBJ48号に関連記事あり「Siemens、水ビジネス部門の一部をAEA Investorsに売却することを正式に発表

*5 EWBJ57号に関連記事あり「Bilfinger、事業ポートフォリオ見直しの一環としてWater Technologies部門を成都天翔環境グループに売却

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「」の記事:

2018年6月20日
Evoqua、汚染水オンサイト処理のProAct Servicesを買収
2018年5月8日
De.mem、食品・飲料市場に参入―-食品・飲料製造プロセスへのFO膜技術の導入を支援
2018年4月9日
Infiltrator、米Pentair社よりDelta Environmental Productsの関連資産を買収
2018年3月26日
スペインFCC、子会社の水事業Aqualia社の49%の株をオーストラリアのファンドに10億ユーロで売却
2018年3月12日
Evoqua、Pacific Ozone Technology買収で産業用殺菌処理ソリューションを拡充