タイ、工業排水基準の修正を検討――分析技術の発展を踏まえて

タイ政府は、2011年11月現在、工業排水基準の改正を検討している。現在の工業排水基準は1996年(仏暦2539年)に策定されたものであるが、現在では水質分析技術が進歩していることから、2006年以来、天然資源環境省の公害管理局(PCD:Pollution Control Department)と工業省の工業事業局(DIW:Department of Industrial Works)が協力して、同基準の改正作業が進められてきた。

新たに策定された基準案における現行の基準からの主な変更点は以下の通りである。

  • “色”に関して、具体的な基準値を設定
  • 逆浸透(RO)膜式海水淡水化プラントに適用される溶解固形成分(TDS)の指標に関して、より緩い基準を適用することを許容

※ 主要なパラメーターの基準値は、概ね現行の基準値と同等である。

この新たな基準策定作業は、すでに最終段階に至っており、近いうちに公布、施行されるものと見られている。

現行の工業排水基準について:

様々な分野をカバーする包括的な環境基本法である国家環境保全推進法(Enhancement and Conservation of National Environmental Quality Act, B.E. 2535 (1992))は、第4章第2部にて排出基準について規定しており、天然資源環境大臣に対して、排気や排水等に関する汚染物質の排出基準を官報で公布する権限を与えている(第55条)。また、工場法(Factory Act, B.E. 2535 (1992))の下位法令である“工業省令:仏暦2535年(1992年)第2号”は、「排水に際しては、希釈以外の方法によって処理し、工業大臣が規定する水質を満たさなければ、廃水を排出してはならない(第14条)」と規定しており、工業大臣が排水基準を設定するよう求めている。

この結果、タイでは、国家環境保全推進法の下で制定される“科学技術環境省告示:仏暦2539年(1996年)第3号”および工場法の下で制定される“工業省告示:仏暦2539年(1996年)第2号”によって2つの工業排水基準が設定されている。ただし、これらは同一の内容となっており、事実上は単一の基準である。

現行の工業排水基準については以下のウェブサイトを参照のこと。
http://www.pcd.go.th/info_serv/en_reg_std_water04.html#s1

タグ「」の記事:

2020年6月14日
ロシアで2020年7月1日から新しい排水組成管理規則が施行される
2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進