中国国家標準化管理委員会、工業団地における水循環利用など5つの国家標準の草案を公表

2018年1月15日、中国国家標準化管理委員会は「工業団地における水分類使用及び循環利用原則と要求」、「工業団地における廃気総合利用原則と要求」、「工業団地におけるインフラ施設グリーン化指標体系と評価方法」、「廃プラスチックの分類とコード」、「廃プラスチック再生利用技術規範」という5つの国家基準の草案を公表し、2月23日まで意見募集を実施している。

(1)「工業団地における水分類使用及び循環利用原則と要求」は工業団地の水源、給水、排水という分類、分類使用の原則、循環利用の原則、循環利用の要求について規定しており、主な内容は次のとおり。

  1. 全体総則として、工業団地内企業を対象に用水許可証制度、排出許可証を施行する
  2. グリーン生産を推進し、生産値単位当たり水消費量を削減する
  3. 工業団地環境施設の「三同時」制度(環境保護施設を主体工事と同時に設計し、同時に施工し、同時に稼働させるという管理制度)を実施する
  4. 生産排水の分類収集、水質別に応じた処理、現地処理を実施する
  5. 水資源の循環利用を奨励する。

(3)「工業団地におけるインフラ施設グリーン化指標体系と評価方法」は工業団地のインフラに対するグリーン化評価(Green evaluation)について規定した。同標準によれば、指標体系は主に8種類19項目から構成され、総合点数100点となっている。評価結果は点数によって一つ星、二つ星、三つ星という3級を設置した。70点以上は一つ星、80点以上は二つ星、90点以上は三つ星となる。具体的な指標としては、主にグリーン交通、給排水システム、エネルギー施設、環境保護施設、グリーン建築、照明施設、緑化、情報プラットフォームなどの8種類を含む。

今回の5つの基準草案に関する中国国家標準化管理委員会の発表は、下記のURLで閲覧できる(中国語:簡体字)。
http://www.sac.gov.cn/gzfw/zqyj/201801/t20180115_341343.htm

タグ「」の記事:

2020年6月14日
ロシアで2020年7月1日から新しい排水組成管理規則が施行される
2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進