米EPA、水質浄化法section 401認定のガイダンスを公表

米環境保護庁は2019年6月7日、水質浄化法のsection 401のもとで州等がさまざまなインフラ・プロジェクト等の実施者にあたえる水質基準遵守認定について、認定プロセスの明確化や簡素化などを目的としたガイダンス文書「連邦政府機関、州、および認定先住民部族政府のための水質浄化法section 401認定ガイダンス」を公表した。このガイダンスは、「エネルギー・インフラと経済成長の推進」と題する大統領令(13868号)の要請に応えたものである。

section 401認定とは

水質浄化法section 401は、水域への何らかの排出が生じる可能性のあるプロジェクト等について、その水域を所轄する州政府または公認先住民部族政府が同sectionにもとづいて水質規制遵守の認定証を発行するか、または認定権を放棄しない限り、連邦政府機関はそのプロジェクト等の実施を許可することができないとしている。州等がプロジェクト等の実施者にあたえるこの水質規制遵守認定をsection 401認定という。

ガイダンスの重点項目

EPAが今回公表したガイダンスは、以下の項目に重点を置いて認定プロセスの明確化などをおこなっている。

  • section 401認定に関する審査その他の事務についての法律上および規制上のタイムライン
  • section 401認定に必要な条件の範囲をひろくとりすぎないこと
  • 州政府または公認先住民部族政府はsection 401認定審査に必要十分な範囲で情報を要求すること

なお、このガイダンスは、2010年に公表された従来のガイダンスに置き換わるものである。

「連邦政府機関、州、および認定先住民部族政府のための水質浄化法section 401認定ガイダンス」は以下のURLで読むことができる。
https://www.epa.gov/sites/production/files/2019-06/documents/cwa_section_401_guidance.pdf

タグ「」の記事:

2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進
2020年4月3日
中国河北省人民政府、「河北省河川・湖保護および整備条例」を公布し施行――飲用水源保護区内での汚染物質排出口の設置など8種類の禁止行為について規定