米EPA、水再利用アクション・プランを策定へ

米環境保護庁(EPA)は2019年2月27日、サンフランシスコでひらかれた水再利用ワークショップにおいて、水資源の有効利用を促進する「水再利用アクション・プラン」を策定することを明らかにした。EPAは、このアクション・プランがめざす水再利用を総合的な水資源管理の重要な一要素と位置づけており、連邦政府、州政府、および水関連のステークホルダーらのあいだの話し合いを進め、アクション・プランの策定と実施のための新たなパートナーシップを構築するとしている。このアクション・プランの原案は、2019年9月にサンディエゴでひらかれる水再利用年次シンポジウムで公表される予定である。

策定にあたっての考慮事項

EPAは再利用される水の用途として農業用、飲用、地下水涵養、産業プロセス、環境修復などを挙げている。また、アクション・プラン策定にあたって考慮すべき事項として以下を示している。

  • 技術の向上:技術の開発、試行、実証、およびデータの検討
  • 連邦、州など各レベルの政府における規制と政策の分析:公衆衛生面の配慮や、進捗の障碍となる事柄への対処など
  • 資金面での配慮:利用可能な資金調達メカニズムの拡大や明確化など
  • 性能面での要求事項:意図された用途に対し、再利用水の水質が適切であることを確保するために必要な事項など
  • 水の利用可能性に関するデータへのアクセス:水源域ベースの情報共有の促進など
  • 積極的アウトリーチ:再利用水を国民に総合的水管理の一環として捉えてもらうための取組など

タグ「, , 」の記事:

2020年4月14日
米EPA、プラスチック関連データ不足としてハワイ州不適合水域リストへの承認撤回
2020年3月24日
米EPA、水資源の持続可能性確保などを目的とした水再利用の国家行動計画を発表
2020年3月24日
米EPA、飲料水中のPFOAとPFOSの規制を予備決定
2020年3月23日
中国水利部、「2020年水土保全業務要点」を発表――生産や建設における水土保全関連法規への違反行為を厳しく処罰し、「ブラックリスト」に加えるなど信用管理を実施
2019年12月27日
中国工業情報化部、水利部など、「2020年重点水使用企業水利用効率トップランナー選出業務実施に関する通知」を発表――選出の対象や基本的要件、選出手順など規定