中国国家発展改革委員会等、「便器水利用効率トップランナー牽引行動実施細則」を発表

中国国家発展改革委員会等4部門は、連名で2019年7月3日に「便器水利用効率トップランナー牽引行動実施細則」を発表した。本「実施細則」は、各省レベルの関連部門が要求に基づき、2019年度の便器水利用効率トップランナーの選定作業を進め、2019年9月15日までに企業の申請書類を関連部門に提出するよう規定している。主な内容は以下のとおり。

申請製品に対する要求

  1. 民間または公共ビルの施設内の水配管に接続して取り付けられ、水圧≦0.6Mpaの条件下で使われる各種類の便器;
  2. 中国大陸で生産及び使用されるもの;
  3. 国家標準GB 25502「便器水利用効率基準値及び水利用効率レベル」の現行の有効バージョンの要求に基づき、製品の水利用効率が1級に達したもの;
  4. 便器製品及び付属品の品質性能は、以下の標準の現行のバージョンの要求を満たすものとする;
    GB/T 6952「サニタリー陶器」
    GB/T 26730「サニタリー器具 便器用重力式洗浄装置と清潔具機架」
    GB/T 26750「サニタリー器具 便器用圧力洗浄装置」
    CJ/T 164「節水型生活用水器具」
    CJ/T 194「非接触式給水器具」
  5. 水利用効率ラベルの申告が済み、且つ最近の1年以内に型式検査報告及び資質認証を有する第三者の検査テスト機関によって発行された検査報告を有する;
  6. 最近1年以内の製品品質監督の抜き取り検査、執行検査及び水利用効率ラベル特別検査で、不合格の製品がなく、品質違法行為がないと認められる製品。

申請企業に対する要求

  1. 中国大陸の合法の独立法人であること;
  2. 申請製品の自主ブランドまたはブランドの合法使用権を有する、同じブランドは1社しか申請できないこと;
  3. 完備された品質管理システム、健全な供給システム及び良好なアフターサビースの能力を有すること;
  4. 申請製品は量産の定型製品であること。

また、「実施規則」は、企業申請の手順及び提出書類を規定している。国家発展改革委員会等4部門は、便器水利用効率トップランナー製品選定標準(付属文書3)に基づき、要求を満たした便器製品のうち15~20の型番を水利用効率トップランナー製品として選出し、それらの製品にはトップランナーラベルを貼付させ、トップランナー製品は政府の支援対象にするとしている。トップランナーラベルの様式は以下の図のとおり。

付属文書は以下のとおり。

  1. 便器水利用効率トップランナーの申請テスト報告
  2. 便器水利用効率トップランナー製品申請報告
  3. 便器水利用効率トップランナー製品選定標準
  4. 水利用効率トップランナー年度推進報告

タグ「」の記事:

2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進
2020年4月3日
中国河北省人民政府、「河北省河川・湖保護および整備条例」を公布し施行――飲用水源保護区内での汚染物質排出口の設置など8種類の禁止行為について規定