中国生態環境部、「有毒有害水汚染物質リスト(第1次)」を公布――10種類の対象物質を排出する事業者はモニタリングや環境リスク評価を行う必要がある

中国生態環境部、衛生健康委員会は、2019年7月23日付けて、共同で政府公告の形で、「有毒有害水汚染物質リスト(第1次)」(以下、「リスト」)を公布し、水環境の安全と改善、水環境リスクコントロール、水汚染による健康被害防止の実現を図る。2019年1月、生態環境部は同リストの意見募集稿を公開し、意見募集を行っていた。今回正式に発表されたリストは意見募集稿より、汚染物質は9種類から10種類に増え、「メタナール」が加えられた。

同リストには、以下の10種類の物質が登録されている。鉱業、製造業、電力、熱力、皮革製造業、石油化学工業、コークス工業、化学原料・化学製品製造業、医薬品製造業、フェラスメタル精錬業、非鉄金属精錬業などの業種に影響を与える見込みである。

No. 汚染物質の名称 CAS登録番号
1 ジクロロメタン 75-09-2
2 トリクロロメタン 67-66-3
3 トリクロロエチレン 79-01-6
4 ペルクロロエチレン 127-18-4
5 メタナール 50-00-0
6 カドミウム及びその化合物
7 水銀及びその化合物
8 六価クロム及びその化合物
9 鉛及びその化合物
10 砒素及びその化合物

2019年2月、11種類の汚染物質が登録された「有毒有害大気汚染物質リスト(2018年)」が生態環境部により発表された。そのうち、アセトアルデヒドを除くその他の10種類の物質は上記の「有毒有害水汚染物質リスト(第1次)」と同じものである。リストに挙げられた汚染物質を排出する事業者は、排出口と周辺環境へのモニタリング、環境リスク評価、環境不安全要素の排除、有毒有害水汚染物質情報の公開などの有効措置を取り行い、水汚染リスクを削減すべきである。

タグ「」の記事:

2020年5月31日
メキシコ環境省、国の水資源利用料支払いのための使用水量測定一般規則を公布
2020年5月13日
スリランカ政府、環境水質基準を定める規則を公布
2020年5月9日
米カリフォルニア州政府、飲料水中の六価クロムの新汚染基準策定に向けたワークショップを開催
2020年4月11日
ドイツ環境省、第11次排水令改正令案を公開協議――BATへの包括的適応を推進
2020年4月3日
中国河北省人民政府、「河北省河川・湖保護および整備条例」を公布し施行――飲用水源保護区内での汚染物質排出口の設置など8種類の禁止行為について規定