メキシコのアウディ自動車工場、排水ゼロを達成

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,471件(2018年12月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

2016年に建設されたアウディのメキシコのサンホセ工場は、製造過程で排出される汚水を100%回収し、汚水処理して再使用するシステムの導入により、プレミアム自動車メーカーとして世界初の排水ゼロ工場となったと、2018年8月31日、アウディが発表した。

同工場では、塗装工程から漏れテスト工程まで、全工程で水を使用している。汚水は、まず物理・化学処理(下図①)で中和され、塗装過程で排出される重金属が除去される。その後、他の工程からの排水と一緒に、除濁と生物処理過程(下図②)を経て有機物質が除去され、最後に限外ろ過(UF)(下図③)と逆浸透(RO)膜(下図④)で細菌や塩分が取り除かれる。衛生的に完全に浄化された高品質の処理水は、工場内で再利用され、水域には排水されない。RO膜プロセスから出る濃縮物は蒸発し、脱水された固形粒子は廃棄物として処理される。


図 アウディのメキシコ・サンホセ工場全景
(出典:アウディ ホームページ[1]

アウディでは、カーボンニュートラルと排水ゼロ自動車を製造することを企業のビジョンとしており、サンホセ工場でその大きな目標を達成した、また自動車メーカーとして環境や水などの貴重な資源に配慮することを自社に義務付けており、この汚水処理システムによりメキシコの水不足対策に大きく貢献すると、アウディの製造・ロジスティック顧問は述べている。

同工場で処理された産業排水は製造工場で再使用される他、敷地内の緑地の灌漑にも使われ、地下水に浸透する。この革新的な技術により、工場での水使用量の4分の1に相当する年間10m3の水が節約され、長期的には年間30万m3以上の節水が目標となっている。

アウディの環境保護課長は、この新しい汚水処理システムでアウディは水の自給サイクルを作り上げ、2025年末までに環境インパクトを対2010年比35%削減するという目標達成に貢献すると述べている。同工場ではこの他に地下水の使用削減にも努め、4月から9月の6ヵ月間の雨季に雨水を貯める容量24万m3の貯水タンクも設置した。溜まった雨水は全て、生産工程で使用される。また10万本の木を植林し、近隣の市町村の100ヘクタールの土地に2万5000個の浸透井を作り、年間37万5000 m3の水を地下水に戻している。

[1] https://www.audi-mediacenter.com/en/press-releases/pioneering-work-audi-mexico-produces-completely-without-wastewater-10618

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「, 」の記事:

2018年11月12日
米ニューメキシコ州政府、石油・ガス採掘事業から発生する廃水の再利用に向けた文書草案を発表
2018年8月31日
GreenCape、南ア・ウエスタンケープ州における水セクタへの投資機会を分析
2018年7月30日
インドTNPCB、繊維加工施設に対して蒸発器の導入を義務付ける命令を公布
2018年7月30日
アラブ首長国連邦ShurooqとBESIX、シャールジャ排水処理プロジェクトの持続可能な開発へ投資
2018年7月19日
米EPA、石油・天然ガス採掘由来の排水の再利用促進に向けてニューメキシコ州政府と覚書を締結