ミャンマー、酒類生産工場に排水処理設備および排水モニタリング機器の設置を義務化する法令を制定

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,436件(2018年11月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

ミャンマー政府は、2018年4月30日、2013年に制定された“化学品および関連物質による危害の予防に関する法律”に基づく「中央管理委員会施行規則2018年第2号:酒類、ビール及びワイン製造工場等が遵守すべき事項」を制定した。本施行規則は、酒類製造工場等に対して以下の事項を義務付けるものである。

  • 生物処理を用いた排水処理システム(Biological Waste Water Treatment System)を導入すること。
  • オンライン排水モニタリングシステム(Real time Waste Water Quality Online Monitoring System)を導入すること。なお、データロガー(Data Logger)と流量計(Discharge Flow Meter)を合わせて設置すること。

なお、ミャンマーには72か所の蒸留酒製造所が立地し、このうち16カ所がヤンゴン地域に位置している[1]。蒸留酒製造所を経営するWin Brothers Holdings MyanmarのプロダクションマネージャーであるU Thein Lin氏によると、適切な排水処理装置を設置せずに稼動している蒸留所が国内に数多く存在しているのが現状で、同社のように適切に処理装置を稼働させている企業のほうがその分コスト増につながるために不利益を被っているという。

前述の中央管理委員会施行規則2018年第2号は、以下のURLより閲覧できる。
http://www.industry.gov.mm/sites/default/files/2_2018_chemical_and_related_substance.pdf

[1] EWBJ64号に関連記事あり「ミャンマー政府、排水未処理の工場の対策を強化へ――適切な排水処理を行っている工場はわずか10%程度のみ

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「」の記事:

2018年11月15日
米で約5000の自治体、新たに水道水のPFC汚染検査を実施へ
2018年9月10日
EU飲料水指令改正案が欧州議会の委員会通過、水道水の質向上とプラ廃棄物削減へ
2018年9月6日
インドネシア、特定事業者に対して廃水のオンライン連続モニタリング装置の設置を義務化する規則を制定
2018年9月4日
中国河北省、2018年10月1日より3本の強制地方標準を施行し、3大流域における5つの汚染物質排出制限値を厳格化
2018年9月4日
米ニュージャージー州、水道水中PFNA濃度について全米で最も厳しい基準を制定