インドネシア、特定事業者に対して廃水のオンライン連続モニタリング装置の設置を義務化する規則を制定

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,471件(2018年12月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

インドネシアで、2018年9月6日、「事業および/または活動における連続的かつオンライン方式での廃水モニタリングに関する環境林業大臣規則2018年93号」(以下、本規則)が制定された。本規則は、特定の産業種を対象に、廃水のオンライン連続モニタリング装置の設置を義務化するものである。本規則は制定と同時に施行されたが、モニタリング装置の設置については2020年9月1日までに完了する必要がある。

本規則の原文は以下よりダウンロード可能。
http://103.52.213.225/hukum/simppu-lhk/public/uploads/files/P.93-2018%20QUA%20AIR%20LIMBAH.pdf

対象業種

本規則のもとで、廃水の水質を連続的かつオンラインでモニタリングするシステム(インドネシア語の頭文字をとって“Sparing”という略語が当てられている)の導入が義務づけられた産業種は以下である。「k. 繊維業」のみ、生産量での指定がある。

  1. レーヨン産業
  2. パルプおよび製紙産業
  3. 製紙業
  4. 石油化学(上流工程)産業
  5. 基礎油脂化学産業
  6. アブラ椰子産業
  7. 製油産業
  8. 石油・ガスの探鉱および製造
  9. 金および銅の採鉱
  10. 石炭の採鉱
  11. 繊維業(1日当たり生産量1000m3以上)
  12. ニッケル採鉱
  13. 肥料製造
  14. 工業団地

事業者に対する主な要件

本規則の付属書Iで定められるSparingの動作メカニズムを順守し、必要な機器(下図)を設置しておくことが対象事業者には求められる。モニタリングする水質パラメータは産業種毎に異なり、具体的には付属書IIで規定されている(pH、COD、TSS、アンモニア態窒素、廃水量から成る)。また、モニタリング機器の必須技術仕様は付属書IIIの通りである。

モニタリング結果の報告様式は付属書IVで定められる通りで、1時間毎の各パラメータの計測値および水質汚染負荷の算出値が、環境林業省のデータセンターを通じて大臣や州知事などに送られる。

図 Sparingに必要なモニタリング用機器の例
(出典:インドネシア環境林業大臣規則2018年93号 付属書I)

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「」の記事:

2018年11月15日
米で約5000の自治体、新たに水道水のPFC汚染検査を実施へ
2018年10月26日
台湾環境保護署、「放流水標準」の一部改正を予告――海水淡水化プラントや蒸気供給業者による放流水質に関する項目や制限値を追加
2018年10月25日
台湾環境保護署、「事業者・汚水下水道系統による廃水(汚水)・汚染物質の排出または漏出における緊急対応弁法」の制定を予告
2018年10月23日
欧州議会が飲料水指令改正案の修正案可決、EU理事会の意見集約待って妥協交渉へ
2018年10月10日
中国国家標準化管理委員会、国家標準(GB/T)「工業団地における水の分類使用および循環利用の原則ならびに要求」を公布し、2019年5月1日より施行