米EPA、水再利用アクション・プランを策定へ

本稿はエンヴィックス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
季刊レポート(年4回)の配信につき1件程度公開しています。
水ビジネス・ジャーナルをご契約いただくと、2,621件(2019年8月現在)の記事の閲覧・各種検索機能をご利用いただけます。
» サービス案内・ご購読はこちら

米環境保護庁(EPA)は2019年2月27日、サンフランシスコでひらかれた水再利用ワークショップにおいて、水資源の有効利用を促進する「水再利用アクション・プラン」を策定することを明らかにした。EPAは、このアクション・プランがめざす水再利用を総合的な水資源管理の重要な一要素と位置づけており、連邦政府、州政府、および水関連のステークホルダーらのあいだの話し合いを進め、アクション・プランの策定と実施のための新たなパートナーシップを構築するとしている。このアクション・プランの原案は、2019年9月にサンディエゴでひらかれる水再利用年次シンポジウムで公表される予定である。

策定にあたっての考慮事項

EPAは再利用される水の用途として農業用、飲用、地下水涵養、産業プロセス、環境修復などを挙げている。また、アクション・プラン策定にあたって考慮すべき事項として以下を示している。

  • 技術の向上:技術の開発、試行、実証、およびデータの検討
  • 連邦、州など各レベルの政府における規制と政策の分析:公衆衛生面の配慮や、進捗の障碍となる事柄への対処など
  • 資金面での配慮:利用可能な資金調達メカニズムの拡大や明確化など
  • 性能面での要求事項:意図された用途に対し、再利用水の水質が適切であることを確保するために必要な事項など
  • 水の利用可能性に関するデータへのアクセス:水源域ベースの情報共有の促進など
  • 積極的アウトリーチ:再利用水を国民に総合的水管理の一環として捉えてもらうための取組など

本稿は、国内唯一の水ビジネス情報専門サービス「水ビジネス・ジャーナル」の無料サンプル記事です。
本WEBサイトでは、国・地域別企業別記事テーマ等の充実した分類から、水ビジネス情報をお探しいただけます(一部のサンプル記事を除き、記事閲覧は要契約・有料です)。是非とも採用をご検討ください。

» サンプル記事一覧
» 水ビジネス・ジャーナルについて
» 個別委託調査

タグ「, , 」の記事:

2019年7月5日
インド連邦政府、全住民への安全且つ十分な飲料水の供給を優先事項として位置づけ
2019年6月30日
アブダビ、再生水の利用促進を掲げた新政策を施行
2019年6月26日
米農務省、上下水道インフラプロジェクトに合計1億9,200万ドルを投資
2019年6月26日
欧州理事会、農業灌漑への水再利用で大筋合意
2019年5月13日
オクラホマ大主導の研究で、次世代下水処理・再利用システムに使えるマイクロバイオームの理解深まる